2018年08月29日

女性研究者に敬意を表して

先日、10年以上掛けて仕上がった仕事がようやく論文になった。その研究の内容からして完結するのに10年は長すぎるのだが、それにはそれなりの理由があった。それを書きたくなって久しぶりにこのブログを更新している。 この論文の仕事には、オーニシ2号、トッシー、アヤッチという3名の女性研究者が関係していた。彼女らが研究室に参加した時期はそれぞれ違っていて、オーニシ2号は 2004-2007 年、トッシーは 2007-2012年、アヤッチは2002年-2016年のあいだで研究室に在..
posted by Yas at 19:22

2015年12月05日

11月は、、、んで、来年は、、、、

 先月はブログ更新が一度だけ。ついに更新回数の最低記録を作ってしまった。こういう事は気にしても仕方ないのだけれど、やっぱり健全じゃない余裕のない生活を送っているのかも、と反省してしまうこの頃である。  振り返ってみると、先月からこっちにかけて、準備に時間のかかる会議がふたつ。京産大での講演、阪大での講義、宮崎大での講義、若手コロッセウム鹿児島への出席、細菌学会理事会、細菌学会関西支部会、とある研究費の報告会、BMB2015 での講演、、、大切なグラントの申請書作成、..
posted by Yas at 12:11

2014年10月27日

今年三度目の北海道・札幌

先週末の24ー25日、北海道大学にホリプレ講演で出張した。ホリプレ、すなわちプレゼンや論文作成に関わる講演はそろそろお断りしようと考えているが、まだ以前に引き受けた講演がいくつか残っている。先々週は武庫川女子大に行ったし、再来週は宮崎大学に同じ用件で行く。それでとりあえず、ホリプレ講演のご依頼は受付を終了させていただきます。関係の皆様にはご了解いただけますよう、よろしくお願いします、、。 北海道は今年3度目であった。1回目は2月。吹雪の札幌を歩いてウニ丼を食べて、雪の中..
posted by Yas at 19:45

2014年08月12日

若手コロッセウム・8月上旬

長いこと更新が滞っていた。すまん。 8月6日から9日まで北海道にいた。6日から3日間の日程で開催された「細菌学・若手コロッセウム」に出席するためである。今回の開催地はニセコ。札幌から車で2時間と少しの距離である。この研究会のことは第1回から前回の第7回まで、全てこのブログでアップしているので「若手コロッセウム」で記事検索してみてちょ(さぼってすまん)。 夏の北海道ということで爽やかな気候を期待していたのだが生憎の天気で、じめじめとしてかつ肌寒い天候の続いた研究会だ..
posted by Yas at 19:09

2014年06月04日

上げ潮

 少し前に、堀口研は史上最大メンバー数になったと報告した。その研究室の近況など、、。  研究テーマの方向性を大幅に変更して3−4年。漸く基本的なデータが固まって、そこからスピンアウトしたプロジェクトのカタチが見え始めた。ここしばらくは業績が止まってしまって、わがラボは私のキャリアにおいて最大のピンチに直面していたのだが、トンネルは抜けた。この春は、共同研究員のスズコー、医学修士入学のテルチーとニィくん。医学博士入学のイッシーが、新メンバーとして参加してきた(テルチー..
posted by Yas at 19:12

2014年03月31日

ホリプレ論文篇22「なぜ論文が書けないのか?」(第87回日本細菌学会総会2)

 今回の学会では、昨年の第7回若手コロッセウムで奨励賞をいただいたオカケ−が、受賞者の義務である若手セッションでの口頭発表を務めた。それと、サーヤがポスター発表。これは前回書いたように、優秀賞なるものを頂戴した。そして私は、若手の先生に依頼されて若手向けの講演をすることになっていた。依頼されたテーマは「論文の書き方」である。  一度は断ったのだが、セッション世話人の徳島大の田端さんに「どうしてもお願いします」と粘られた。粘られると弱いのが私の欠点で、結局引き受けることに..
posted by Yas at 18:11

2013年08月21日

アクセスノートブック

 たわむれに「手書きに凝る」とか言い出して、万年筆やノートを買い揃えだしたのは3年ほど前だ。万年筆はラミー・アルスターから始まり、むにゃむにゃむにゃ、ふにゃふにゃふにゃと、さらに用途ごとに買い足して今や○○本。ノートは、おなじみのモレスキンノートを数冊、さらにメモパッド仕様のMD紙(知る人ぞ知る万年筆用の紙)を取り揃えてお仕事に使っている。  これらの筆記具は、セミナーや研究会のメモ、会議の備忘、仕事のアイデアや調べ物のまとめなど、あらゆる事共で活躍している。おかげで、..
posted by Yas at 22:15

2013年08月12日

若手コロッセウムのことをまじめに考えてみた

 先週はじめに日本海に海水浴に行ったかと思うとそのあと一日おいて、休むまもなく「細菌学・若手コロッセウム」に参加するために広島に向かった。会場は広島エアポートホテルと、ホテルに隣接するフォレストヒルズガーデン。第7回目の、「若手コロッセウム(通称;若コロ」である(若手コロッセウムの変遷についてはこちらの方をつまみ読みしてチョ)。  若手コロッセウムは、たくさんのやる気のある学生さんを歓迎する合宿型のミーティングである。今回は前回と同様に、会の運営を担当する有志からなるワ..
posted by Yas at 22:11

2013年08月06日

小浜海水浴場

 この日曜日・月曜日に一泊二日で夏季休暇をいただいて、毎度おなじみ丹後半島の海に行ってきた。八丁浜・小浜というところが、お気に入りである。学生時代からもう何度も行っている。と、このブログでも何度も書いているが、詳しく紹介したことがないのでちょっと書いてみることにした。
View 小浜海水浴場 in a larger map  八丁浜と小浜は、同じ湾で隣り合う別の浜である。どちらも海水浴場を置いている。マークのつけているところが小浜海水浴場。そこから湾に沿って西南側に広..
posted by Yas at 23:18

2013年07月31日

7月最終日

 今年も7月が終わり、明日から8月が始まる。 まぁ毎年毎年、7月は終わって8月は来るんですけど、、。  このブログも1ヶ月に8−9回の記事アップが普通になってしまった。スタート当初に比べると随分と少なくなった。えらいすまんこって(みなさんにはどーでもええことかもしれませんけど)。  実は色々と書きたいネタはあるのだけれど、それを書く気力がない。I am so exhausted everyday. アウトプット過多で、あきません。、、、何ヶ月かに一回、同じような愚痴を言..
posted by Yas at 23:26

2013年03月25日

「忙しい3月」の、第86回日本細菌学会

 さて一週間遅れの報告は続く。  3月18日から20日まで、第86回日本細菌学会が開催された。昨年は国際シンポジウムの座長やら2セッションでの演者やらと割と忙しかった私も、今回はお役目なしということで気楽に学会を楽しませていただいた。この10年間ほどでこの学術総会は随分と様変わりした。その間にプログラム企画の主体が総会長から学会選出の企画委員会に移り、バランスの取れた興味深いテーマでシンポジウムやワークショップのセッションが組まれるようになった。もう少しはっきり言うと「..
posted by Yas at 23:19

2012年08月22日

トッシーご苦労様

 今日の夜、トッシーが挨拶にきてくれた。トッシーは今年5月に出産。そして産休と有給を使いきった今月の末に退職する。産休に入る前の様子から、退職するであろうことは予想していたので取り立てて慌てることはないが、年度半ばで仲間がラボを去るのはやはり少し残念だ。 IMG_1428.JPG 大学院生のオカケーとサーヤと、。  トッシーは2007年の春にうちのラボにやってきた。周囲への心配りを絶やさない、朗らか系あっけらかん研究員であった。最後に携わった大きな仕事は未完だが、アヤッチ(も出産で休んで..
posted by Yas at 22:57

2012年08月12日

第6回細菌学若手コロッセウム

 先週8日から10日まで、八王子セミナーハウスで開催された「細菌学若手コロッセウム」に出席してきた。第1回を神戸で開催してからもう5年も経った。思えば早いもんである。(以前の若手コロッセウムに関する記事はこちら、、第2回、第3回はここここ第4回第5回、です、)  世話人の東京医科歯科大の中川一路さんの話によると、今回の参加者は80人以上、演題はランチョンセミナーや招待講演を含めて57題だったとか、、若手コロッセウム史上最大規模の会である。研究内容は多種多様な細菌学..
posted by Yas at 18:54

2012年08月08日

どうしたモレスキンノート

 明日から細菌学若手コロッセウムがはじまる。私もこれまでの本会の運営との関わり上、行かねばならない。「行かねばならない」って義務みたいに書いているが、行ってみると毎回いつも楽しくて勉強になる会である。このブログでは何度も書いていると思うが、細菌を扱う研究をやっているのなら誰でも参加OKの若手の会だ。  この会で、メモをとるために持っていくのは毎度おなじみモレスキンノート。2年ほど前からこのノートで何でもメモをとる習慣をつけて、先日、3冊目に突入した。ところが、 IMG_1408.jpg 今度..
posted by Yas at 00:12

2012年02月08日

最近読んだ本

 最近読んだ本、何冊か、、。 「夏草の賦/司馬遼太郎」  司馬さんの歴史小説はほとんど読んだつもりだったのだが、昨年の夏に「細菌学若手コロッセウム」で高知に出向いた時に、本書が未読だったのに気がついた。んで、そのあとまたしばらく忘れていたのだが昨年暮れに大学生協で購入。  司馬さんの巧妙な語り口にはまってその時代の空気に浸るのが、司馬作品の正しい楽しみ方である。、、今度高知に行ったら、本書の主人公である長曾我部元親の居城の岡豊城趾に行ってみよう、、。 やはり楽し..
posted by Yas at 23:25

2011年11月21日

学生さんはどう思ってるだろか?

 先週の土曜日は、細菌学会関西支部総会に出席した。会場は、私が学部生・大学院生時代を過ごした大阪府立大学中百舌鳥キャンパスである。私はこのキャンパスが大好きだが、私の学生時代からさらに整備されて素晴らしく洗練されていて驚いた。  この支部総会の世話人は、私の戦友である眞実ちゃん(三宅眞実教授)だ。彼にはご苦労様を言いたいが、それとは別に、今回の学会で私が感じたことを少々書きたい。  今回は、学生発表に賞を与えるということで、私はその審査員を仰せつかっていた。それで朝9時から..
posted by Yas at 23:08

2011年10月16日

京都大学ウイルス研究所

 この前の金曜日。京都大学ウイルス研究所のセミナーで講演させていただいた。「がんウイルス研究部門・がん遺伝子研究分野」の秋山芳展先生、森博幸先生にお招きいただいたのだ。秋山先生の研究室は、それ以前には伊藤維昭先生が主宰されていた(ちゃんと聞いたことはないが、そうだと思う)。伊藤先生の時代の研究室に、ウチの研究室のカミちゃんが大学院生として在籍していた。その関係で、私はカミちゃんの結婚パーティーで伊藤先生と秋山先生とご一緒したことがある。森先生は、昨年の若手コロッセウムに招待演..
posted by Yas at 22:17

2011年09月19日

ホリプレ論文篇17「正確な文章 ー 修飾語と被修飾語の関係をよく考える ー」

 先日の若手コロッセウムの少し前、本会への毎年の連続参加が途切れることになったトッシーがあまりに寂しがるので  「じゃ、トッシーの可愛い写真を研究室紹介のときにスライドにしてプレゼンしてもろたらええがな」と慰めたところ、 「きゃー、先生、私のこと『可愛い』だなんて、、、」と有頂天な反応が返ってきた。  これって一種のセクハラちゃうんか、という話はまぁ置いといて、、ここではトッシーの誤解をとりあげたい。私は「トッシーの可愛い写真」と言ったのであって「可愛いトッシーの写..
posted by Yas at 18:07

2011年08月13日

反省 焼き肉 夏休み

 最近、更新が滞りがちだ。ひょっとしてこのブログを楽しみにしている方がいらっしゃったら申し訳ない。すまん。  ここのところ、一週間のうち何日間か出張して、戻ってくると雑用が溜まっているのでそれをこなす。次の週にまた出張して、戻ってきてまた溜まった雑用をこなす、というようなことが続いていてちょいと疲れている。実際、数日前の若手コロッセウムではちょっと体調を崩した。  それと、これは以前にも書いたが、私が一日に書くことのできる文章量(あるいは文章を書こうとする努力量)..
posted by Yas at 22:24

2011年08月10日

楽しい細菌学のカタチ

 若手コロッセウム in 高知から帰ってきた。第5回目である。  以前に若手コロッセウムの勧誘のために、以下のようなことを書いた。  原核・単細胞生物の細菌は単体で生命活動を営む。その過程で外環境に反応し、様々な代謝産物をつくり、宿主である多細胞生物と相互に影響を与え合う。これらは全て、細菌にしか見られない独自の生命現象だ。そんな生命現象や細菌の生理を面白いと思う人達に、ぜひ若手コロッセウムに参加して欲しい。  同じ生物界の細菌を扱っているのにもかかわらず、少し..
posted by Yas at 22:12

2011年06月12日

第5回細菌学・若手コロッセウム 参加募集案内

 今年の8月8日(月)から10日(水)の日程で、第5回細菌学・若手コロッセウムが開催される。案内のウェブサイトがあるので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。
cover_crop.jpg
 おなじみ、ローマ(追記:よくみるとローマではないようだ)のコロッセウムと、若手コロッセウムのキャラクター「若コロタン」。じっくりご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。  第1回のコロッセウムを神戸北部で開催したのが、もう4年前のことになってしまった。中規模以上の学会なら、たいてい組織されている「若手の会」が..
posted by Yas at 21:38

2011年05月24日

論文受理

 カミちゃんが投稿していた論文が受理された。 「いまの研究テーマを止めて、研究室のプロジェクトの方向性を変えましょう」という私の方針で、これまでのデータの大小や多寡を問わず全てを論文にすることにしたのだが、これはその最後の論文にあたる。ここまでに約2年かかって、そのあいだに6編の論文が雑誌に受理された。論文を雑誌に掲載するまでにはたくさんの苦労がある。みんな大変だったが、まぁ一応区切りはついた。  その2年の間に、新たな方針のもとで動き始めていた仕事もそれなりに進..
posted by Yas at 23:03

2011年04月26日

iPhone は行動記録とともに、、、

 Apple 社が iPhone や iPad のユーザーの位置情報の履歴を記録して残しているという。ネットで話題になっているのでご存知の方も多いと思う。このデータを視覚化するツールも存在するというのを知ったので、ためしにそのツール (iPhone tracker) を使って私の位置情報記録を視覚化してみた。 iphone track.tiff こんな感じ。この記録は iOS 4.x を搭載した iPhone によって残されるらしいので、おそらくこの8-9ヶ月の私の行動記録になるのだと思う。これを見ると、私..
posted by Yas at 22:42

2010年09月22日

「若コロたん」、、真面目なお誘い

 色々な立場のそれぞれの先生方で意見は様々だと思うが、日本の医科系細菌学の研究領域は体質が古く、閉鎖的で、周囲の生命科学分野に比べて立ち遅れている点が目に付く、と私は感じている。研究領域のコミュニティーの性格は研究のクォリティーに少なからず反映される。真摯に研究に向きあって立派な成果を上げておられる先生がこの領域にもいらっしゃることは認めるが、残念ながら研究領域全体で見ると(私を含めて)外部にアピールできる力になるほどの研究レベルではない。自らの力不足も含めて、そんなことを考..
posted by Yas at 23:23

2010年08月29日

報告「細菌学・若手コロッセウム」

 8月26ー28日のあいだ、修善寺で開催された「細菌学・若手コロッセウム」に参加してきた。世話人は法政大学の川岸さん。いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。  若手コロッセウムが組織された経緯や趣旨についてはこちらこちらを見ていただきたい。毎年の開催で今回は4回目。第1回はいきがかり上、私が世話人になったが、そのあと、北里大・阿部先生、宮崎大・林先生、んで今回は法政大・川岸先生と、熱意のある先生方にお世話いただいている。幸せなミーティングである。こ..
posted by Yas at 20:45

2010年07月18日

参加者募集だっ!! 若手コロッセウム

 第4回細菌学・若手コロッセウムが今年の8月26ー28日に開催される。世話人は法政大学の川岸郁朗教授である。開催地は静岡県修善寺だそうだ。参加申し込み締め切りは7月30日である。  志のある若手研究者(年齢制限はない)の方々、、。参加するべしっ! 研究対象は、病原細菌、環境細菌、古細菌、真菌、応用細菌、原核生物ならなんでもあり(でよかったっけ)。と、とにかく、活きのいいやる気のある研究者の参加を待っている。もちろん、これに参加する中堅研究者もやる気あるどっ。  詳..
posted by Yas at 21:44

2010年07月17日

再び、Bio Impact Materials/Molecules

 先週の参議院選挙では民主党が惨敗した。  というのとはま〜ったく関係なく、私は、先週の月曜日・火曜日は大阪中之島の国際会議場で開かれた大阪大学医学部・グローバルCOE主催の国際シンポジウムに出席し、翌水曜日から金曜日までは「第57回毒素シンポジウム」に出席のため滋賀県長浜に行った。昨年の毒素シンポジウムの様子はここだす。  これまでの「毒素シンポジウム」は細菌毒素研究者と一部の蛇毒研究者で占められていた。今年は東京海洋大学の永井さんと、かねてから相談していた B..
posted by Yas at 19:00

2010年04月18日

細菌学会のこと 3

 多くの先生方の努力で、細菌学会活性化のための企画が進められ、その結果、総会のプログラムも見直されて広範なテーマを扱うようになった。そのおかげで、いわゆる医学細菌学研究者ではない、しかし細菌の研究されている先生方と私はお知り合いになれたという話のつづき、、。  法政大学の川岸先生もその中のお一人だ(「先生」と呼ぶのは、多分本人がイヤがられると思うので、以後、川岸さんと呼ばせていただく)。川岸さんは大腸菌の走化性シグナルの研究をされている。私は川岸さんの精密な仕事が好きで..
posted by Yas at 21:22

2010年02月13日

フォーラム・アダン・沖縄すば

 ただいま那覇空港、午後4時38分。今日の午前11時に「感染症沖縄フォーラム」が終わった。こういう会が終わるといつも云うことだが、ほんと疲れた。この会は4年前に始めて参加した。去年は医学修士課程の発表会と重なったので出席を予定していたけれど、直前にキャンセルした。だから今回が3回目の参加になる。 IMG_0517.JPG 私が関係する感染症関連のコミュニティーではいわゆる「若手の会」というはそこかしこに存在するが、この「感染症沖縄フォーラム」が最も活発かもしれない。んで、やる気のある若い人達の..
posted by Yas at 17:14

2009年12月11日

トッシーと20年も歳の差があるなんて、,,

 明日はトッシーの誕生日である。1日早いけれど、当研究室の恒例プチ誕生会でお祝いした。 ほんの少し前にお祝いしたばかりだと思ってたのにもう1年経ってしまった。ということで、若手コロッセウムでは色んな方から「大学院の何年生なの?」と尋ねられて悦に入っていたトッシーも、めでたく大台の○○歳になった。 IMG_0471.JPG  このケーキは何とトッシー本人が作った(なんでやねんっ)。それに眞実ちゃんが送ってくれたハムやベーコンを使ってサンドイッチを作ってお祝いだ。眞実ちゃんとっても美味かったよ。..
posted by Yas at 22:23

2009年11月03日

みんなありがとう嬉しかった。だけども、、

 先週の話ですまんが、実は10月28日は私の誕生日だった。ちょうど「細菌学・若手コロッセウム」の会期中のこと。10月27日の夜は懇親会が開かれた。そのときに世話人挨拶をされた宮崎大学の林哲也教授が「明日は堀口さんの誕生日でーす」と紹介してくれて、そのあとホテルに戻っての総合討論飲み会で0時を回ったとき、私から少し離れたテーブルのグループが , , , Happy birthday to you ~ るんるん, , , とお祝いの歌を突然歌い出してくれて、それが..
posted by Yas at 21:25

2009年11月01日

「見てくれスライド論2 ー文章による表現は避けよう(例外あり)−」 ホリプレ15

 スライド作成の4箇条のその1は「文章による表現は避けよう」だ。 これは実は、前回に書いた「読むな・書くな」とほとんど同じ。でももう少し書いてみる。  例えば材料と方法にあたる説明をするときによく見るスライドは次のようなものだ。 How to present.034.jpg このようなスライドに関するコメントは前回と同じ。これを演者が読んで、同時に聴者が読むというのは時間の無駄でばかげている。しかも、ここでは不必要な情報が入っている。赤色で示した箇所などがそうだ。大腸菌の株名(E2348/69株)や2..
posted by Yas at 20:34

2009年10月30日

明日は土曜日、、、

 えと、、ここのところ若手コロッセウムとか研究室の引っ越しとか自分の誕生日とか、そのほかにも色々とあってバタバタしている。ブログにも書きたいことが色々、、、。  若手コロッセウムが明けて、とりあえず昨日から研究室の引っ越しが始まった。クレーンは出動するわ、あっちこっち養生シートが張られるわ、引っ越し屋さんが威勢よく研究室を出入りするわで、かなり物々しい雰囲気。(そりゃ、引っ越しですから、,) IMG_0418.JPG  荷物を抱えて走るガチャピン!、、、    走りながら笑..
posted by Yas at 23:17

2009年10月28日

第3回若手コロッセウム

 あー疲れた。  2時間ほど前、「細菌学・若手コロッセウム」から帰ってきた。  回を重ねるごとに、楽しくかつ充実していく「若手コロッセウム」。今回の会場は宮崎シーガイアにあるサンホテルフェニックス。世話人は宮崎大の林哲也先生である。林さんのhospitality あふれる運営で、今回も本当に楽しかった。出席者は多分50名と少し。演題は40題足らずかな? シニア系の参加者(つまり年寄り)は、林、赤池、阿部、大西、曳地、といった先生方。 IMG_0406.JPG  若手コロッセウム、..
posted by Yas at 23:02

2009年10月24日

引っ越し&コロッセウム

 引っ越しの準備が着々と進む研究室。コンピュータ類以外はきれいさっぱり片付きつつある、,。ということは仕事ができないということで、,,。土曜日はゆったりゆっくり、、。こういう、ゆっくりできるときはゆっくりしてね。ということでラボにあんまり人はいない。(とはいうものの、動物実験中のシショーグループは仕事をしていたが、、、)       ただし、、、 IMG_0400.JPG 引っ越し荷物の中、来週の「細菌学・若手コロッセウム」で発表予定のトッシーはリハーサルに余念がない、,、、。そうそう、月曜..
posted by Yas at 20:28

2009年10月22日

引っ越し準備

 今週火曜日は帯広畜産大学の嘉糠さんを迎えての Advanced Seminar。んで、昨日の水曜日は東京出張と、割合と忙しくしている。そんな最中、ついにわが分子細菌学分野の引っ越しの順番が回ってきた。  微研は、この夏からずっと民族大移動が続いている。まず、完成した新棟に多くの研究室や微研財団が移動。それで空っぽになった別館が応急的に改装され、本館に残った研究室が今度はそこに移動する。本館は半年ほどかけて改修され、来年の夏頃には新棟に移った一部のラボを含めた7−8研究..
posted by Yas at 21:06

2009年06月19日

Change the World

 今日、金曜日は基礎セミナーの日。この講義はいつも微研本館の第二会議室でやっている。しかし、今日は微研部員会自慢のブリッジセミナーが第一・第二会議室で開催されるので、南館会議室に移動して講義をすることにした。  いつも書いているが、私の講義は学生さんたちと細菌学をネタにワイワイ喋りながら進めるのが特徴である。講義の第一回目では学生さんはカタい。それが二回三回と重ねるうちにトークが弾むようになり、その年その年のクラスのパターンができあがるようになる。今年もそういったパター..
posted by Yas at 23:44

2009年01月12日

慶州2

 慶州での2日目は、本番のシンポジウムである。わたしは最初のセッションで座長をお務めする。一緒に座長を務めるのは全南大学のLee先生。この方は昨年の日韓シンポジウムでも一緒に座長をした。お馴染みさんだ。  韓国の学術会議では、招待講演でもないのに演者の経歴を紹介したり、場合によっては発表後に賞状を授与したりする、今の日本の感覚から言うと結構「お堅い」ムードがある。韓国の若い人たちはそれを煩わしく感じられているように思ったが、「学術会議とはそういうものである」という確固..
posted by Yas at 17:55

2008年08月17日

自宅にて、ビールを飲みながら、、

 しばらく更新できなかった。すまん。  湘南国際村の若手コロッセウム以来、どうも調子が良くない。これといって具体的にどこかの体調が悪いとかそういうわけでもないが、、。まぁ先月からここまで出張が多すぎたのかも。仕事が詰まっていたので盆休暇もとれなかった。日々起こったりするブログネタを心に留めておくような気力もなかった。  自転車通勤も(なんと!)3週間ほどお休みだ。愛車プロント君も車庫の中でたたずんでいる。  つくづく毎日ブログを更新する人の気力(体力か?)には脱..
posted by Yas at 17:54

2008年08月09日

留守番

 今日は家庭の都合で一日中家で留守番だった。  先週・先々週と出張の連続、トドメは今週日曜日からの「細菌学・若手コロッセウム」だった。そのあと魂が抜けたようになって、いやいや肉体的にも疲れ果てて、今週の仕事の能率はむちゃくちゃ悪かった。  それでも木曜日の夜には飲み会。 IMG_0006.JPG 安居テルテル、トモナガ、森石、といった准教授陣とこの日に生命機能研究科のゲストスピーカーで来阪していた川口寧さん。さらに事務方の女性陣もいらっしゃったが、写真には写っていない。  ..
posted by Yas at 21:31

2008年08月06日

iPhoneを買った

 iPhone を買った。 20080806.jpg 「買わん」と言っていたが、加入必須のパケット定額の初期設定料金が値下げされたのだ。もともと、iPhone 狙いでずっとSoftbank の携帯電話を使っていた私だ。障害が無くなれば買わないわけはない。先日までの「細菌学・若手コロッセウム」でも、iPhoneオーナーの東大医科研のミムミムに自慢されて悔しい思いをしていたのだ。買わないわけはない。  料金値下げが発表された昨日の今日、「料金値下げがあったけど、iPhone どうする?..
posted by Yas at 22:31

2008年08月04日

細菌学・若手コロッセウム

 第二回 細菌学・若手コロッセウム。世話人は北里大の阿部ちゃんである。  昨年の一月頃に開催された第一回コロッセウム(私が世話人だった)ではまだどんな研究会に仕立て上げるのか定まらなくて少々ストレスを感じたりしたが、今回は阿部ちゃんの努力のおかげでかなり充実しているように思う。15分という短い持ち時間の中、若い人たちがそれぞれの研究について一生懸命話をしてくれているのを見るのは面白いし気持ちいいし、何より勉強になる。似た方向性の演題がプログラムでまとめられているので、研..
posted by Yas at 17:52

2008年08月01日

ダラダラと出張報告してみる

 昨日は朝から大阪空港を出て、東大弥生キャンパスに向かう。羽田空港からモノレールと山手線で東京駅へ。そこから地下鉄丸ノ内線で本郷三丁目に到着。そこからてくてくと弥生キャンパスまで歩く。ちょうど昼時なので、適当な食事場所を物色しながら歩く。  本郷キャンパスの正門前から本郷通りを少し入ると、昔から気になっていたカレーライスの店がある。「まんさだ」という風格たっぷりの外観をもつ、老舗(だと勝手に思っている)である。ちょうどいいわい、ここで昼飯じゃ。  注文して出てきたカレ..
posted by Yas at 21:56

2008年07月25日

田町「べにや」

 東京・田町にある炉端焼き屋「べにや」は面白い店である。黒ずんだ木造の古い人家風の店構えと内装で私のような50歳前後の人間には懐かしさを覚えさせてくれる。店内を流れるBGMがまたいい。店にいるあいだに流れたのは、岡林信康「友よ」、チェリッシュ「なのにあなたは京都に行くの」、高石友也「受験生ブルース」、杉田二郎「男同士」、マイペース「東京」、五つの赤い風船「遠い世界に」、甲斐バンド「ヒーロー」、中山千夏「あなたの心に」、尾崎亜美「マイ・ピュア・レディ」などなど、、オッサンには懐..
posted by Yas at 22:24

2007年03月25日

日本細菌学会0日目

本日より日本細菌学会。といっても今日は理事会と評議員会、およびエクストラに有志メンバーによる細菌学・若手コロッセウムの企画相談会。ホントのアカデミックプログラムは明日より始まる。んでも、今日は充実した1日じゃった。とりあえず、どの会議も基本は「細菌を扱ってる研究領域を盛り上げたいがな」という思いが色んなかたちで表れている。理事会・評議員会は日本細菌学会理事長の笹川千尋先生のリーダーシップのもと、さまざまな改革策を打ち出していて、前進している、、という感じがする。(その効果のほ..
posted by Yas at 23:41

2007年02月26日

そぉれぇはせんせ〜いぃ〜♫

 先週参加した沖縄フォーラム。少し気になる、というか頭に残ったワンシーンがあった。世話人の方が冒頭で、「若手沖縄フォーラムです。お互いに「先生」呼ばわりをやめて「○○さん」、「○○さん」と呼び合いましょうと呼びかけたひとコマ、、。似たようなシーンが先月の細菌学・若手コロッセウムでもあった。「先生と相手を呼ぶのはやめましょうよ」と誰かが云った。例えば、「○○先生」と呼ぶな、「○○さん」と呼べ、というので有名なのは故月田承一郎先生だ。実際に月田研ではみんなが月田教授のことを月田さ..
posted by Yas at 23:03

2007年02月22日

感染症沖縄フォーラム(1)

 沖縄はやはりあったかい。那覇空港に到着したのは午後2時半くらい。とりあえず空港ビルのレストランで沖縄そーきそばを喰らう。ん〜、たぶん昆布のだしだと思うけどこれがきいていて美味しい。そーき(ブタのあばら肉)もそれなりに美味しい。空港ビルでこれくらいのモノがあるんだったら、きっと噂の名店と呼ばれるようなところではもっともっと美味しいのだろう。  世話人側が用意してくれたバスが到着するまでずいぶん時間があったので路線バスに乗る。このバスが渋滞のなか市街地(国際通りなんか)を..
posted by Yas at 21:34

2007年02月15日

立って半畳、寝て一畳

 昨日も書いたがスキー旅行で宿泊したホテルは悪くなかった。ただ、ベッドが少し狭かった。おかげで何度かベッドから落ちかけた。そういえば、あの細菌学・若手コロッセウムの神戸の宿舎でもベッドが狭くて寝てる間に落ちた。  私は眠りについてはうるさいタチだ。1日最低8時間は眠らないと翌日調子が出ない。休日に昼寝するときも畳の上でなくしっかりと布団を敷くか、ベッドの上で寝たい。寝てる間のポジション取りにもこだわる。ベッド中央に仰臥して左180度、右180度で交互に寝返りを打つ。それ..
posted by Yas at 21:51

2007年01月24日

コロッセウム

「細菌学・若手コロッセウム」から帰ってきた。私としては学問的にはとても面白かったが、かなり消耗もした。これは、昨晩、北里大の桑江くんに説教されながら深酒をしたせいばかりではない。昔は若さにまかせて自分の思うことをバンバン云いながら目立つ位置にいて行動することが何度もあったが、今回、第一回の新しいミーティングの発起人であり世話人であるのが実はつらかった。この会はなぜ始められ、将来はどうするのか、1日目の夜に永井さんにストレートに尋ねられもしたこの問いに答えるのが気恥ずかしくもあ..
posted by Yas at 20:56

2007年01月21日

ちゃんとしようぜっ、ちゃんと。

 私が幼稚園から小学校の低学年の子供だった頃、私の誕生日には心斎橋の不二家で家族で食事するのが恒例だった時期がある。いまでも心斎橋の不二家の前を通るとその時のことを思い出す。その日に千日前の百貨店で魚雷戦ゲームを買ってもらったように覚えている。その千日前百貨店はずいぶん以前に大火災でなくなり、いままた不二家は不祥事まみれで私のハレの日の思い出もずいぶん色あせた物になってしまった。不二家さん、私の思い出をどうしてくれる。  健康バラエティー番組で捏造が発覚した。捏造を云う..
posted by Yas at 18:11

2007年01月14日

春までなんぼ

 先週の連休は特定領域「感染マトリックス」のシンポジウムがあったので、2007年はじめての日曜日休み。やっぱそれなりに疲れているみたい、午前中に散髪屋さんに行ったあとはバタンキュー(バタンキューて、、またわれながらベタな、、、)でしっかり昼寝してしまった。来週は微研の業績発表会、そのあと東京出張、週が変わって細菌学・若手コロッセウム、東京出張、んでさらに次の週に東京出張。まぁ、しっかり身体を休めるべし。20-30代の頃と違って体力には限りがある。  相変わらず、改訂した..
posted by Yas at 22:46

2007年01月04日

2007年、初自転車出勤

 2007年初出勤。自転車じゃっ。冬の自転車行はしっかりと風を切る感じが気持ちよい。世間はまだ正月気分。道も空いているのでるんるん気分で研究室に到着する。今年も頑張っていきまっしょい。さしあたってはこの7ー8日にある特定領域研究「感染現象のマトリックス」のシンポジウム、んで19日には微研の業績発表会。さらに開けて月曜日から「細菌学・若手コロッセウム」。うひょ〜、スケジュール満載。今月、何事もなく終わりますように。  昨年末にちょいと書いていた「自転車の安全利用の促進に関..
posted by Yas at 22:11