2008年05月31日

これが、最後だ。

 そうそう、「井上雄彦 最後のマンガ展」のハナシ。

ticket.jpg

 井上雄彦さんは今の漫画家のなかではずば抜けて精緻でかつ迫力のある画を描ける作家である。このことは原画を見るとほんとに実感できる。何メートルもあるキャンバスに(多分)極太の筆を使って描いた武蔵。墨が飛び散り、滴ったその画は迫力満点だ。一方で、ケント紙に描かれた繊細な風景はじっと目を凝らして巧みな技法を観察したくなるほど精緻(が、最近は近くが見えにくく、かつ会場が薄暗いので目を凝らしても見えないのが残念)。

 じっくりと時間をかけて見たかったが、平日の昼間というのに会場は満員でそれも叶わなかった。展示作品の前に行列ができてちょっとせわしない。それでも会場の演出も満点でなかなか楽しむことができた。関東近辺にお住まいのマンガファンの方、必見ですぜ。

 「バガボンド」の世界の余韻に浸りつつ羽田空港に向かう。前日とこの日の午前中にはサイエンスでの良い仕事に浸り、午後にはマンガの芸術性を見事に表現した素晴らしい作家の仕事ぶりに感激し、、実に有意義な東京出張であった。

追記:羽田空港でも少し時間があったので軽い食事をとった。ANAの60番ゲート横にあるうどん屋さんのうどんはなかなか美味し。ちゃんと小麦粉の味がした。

posted by Yas at 21:19| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]