2019年03月24日

輪行:姫路から播磨サイクリングロードを経由して帰宅

 本日、一昨年から行き慣れている北摂ではない別のところで長距離を走りたいと、姫路まで輪行してみた。輪行とは自転車を袋に詰めて鉄道(あるいは飛行機)で移動することを言う。

 朝の5時起床。自宅からJR西宮駅まで自走して6時10分過ぎの快速列車に乗る。という予定で自宅を出たのだが思ったより時間がかかって駅前に到着したのが快速列車の出発時刻の10分前だった。んで、輪行袋に収納するのにあわててバイクを倒して傷つけてしまった。購入以来初の痛恨の失敗である。しかしとにかく5分程度で収納を終えてなんとか電車に乗り込むことができた。

IMG_3186 (1).jpg 輪行では先頭車両か最後尾車両に乗車するのがバイク乗りの礼儀である。今日は先頭車両に乗り込んだが、輪行の先客が既に一人。さらに芦屋駅から一人乗り込んできた。サイクリングが流行ってるということだし、天気はよいという予報だったし、春先のよい気候だし、、輪行がかち合うのも無理ないことかもしれない。



IMG_3187 (1).jpg 姫路には7時半着。せっかくの姫路なので姫路城を拝んでから、播磨から明石まで続く海岸沿いのサイクリングロードを目指す。

Relive '朝のライド'



 明石で美味しいお昼ごはんでも食べようかと、周囲を少し走り回ってみたが、日曜日ということで休業の店が多いし、営業していても自転車を駐輪しにくかったりということで断念。結局、神戸駅手前の中央市場の前にあるレストランビルで1軒だけ営業していた海鮮丼屋さんで「魚河岸どんぶり」をいただいた。昼時を過ぎていたこともあって店内は空いていて、ゆっくりと海鮮丼を楽しむことができた。

 そのあとは旧西国街道ー国道2号線をひたすら走り続け(三宮から西灘までの旧西国街道は走りやすい。街中を抜けるお気に入りのコースである)、午後3時過ぎに帰宅した。

 走っているときはそうでもなかったが、帰宅して風呂に入って一服すると身体がかなり疲れているのが判った。やたらと甘いものや酸っぱいものが欲しくなるし、春の日差しで顔が日焼けしていて少し痛い。でもそれだけの価値のあるサイクリングだった。計画したときは期待していなかったのだけれど、とくに姫路から明石まではかなり楽しいサイクリングになった。ただし、播磨から続くサイクリングロードはもう少し舗装をきれいにして欲しいな。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく





posted by Yas at 19:05| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]