2016年12月26日

吉田拓郎

 先日 NHK で放映された 「SONGS スペシャル 吉田拓郎」を録画で見た。予想していたよりもずっと良かった。

 吉田拓郎さんも70歳になったらしい。拓郎さんは「50歳を過ぎたあたりから保守的に、、内向きになった」と言い、「70歳になって、『エナジーが足りない』と感じるようになった」と言う。どちらも、57歳のいまの私が感じていることだ。

IMG_2706.jpg

 私の吉田拓郎アルバムベスト3は「LIVE '73」「今はまだ人生を語らず」と写真の「TOUR 1979」である。前の二つはデジタル版が出回っているが、「TOUR 1979」だけは iTunes でも Amazon Music でも見あたらない。とっても残念である。 





 ブログの更新をご無沙汰している間に、義姉が急逝し、同い年の友人も癌で逝った。否応なしに自分の年齢を考えてしまい「エナジーが足りない」と確かによく感じる様になったし、忙しくて疲れているということにして休日は朝から晩までソファで寝そべっている。そんなこんなで「内向きになってるかな」と感じているのも確かだ。それと、今年に入ってから自分の定年退職までの9年間を逆算して考えるようになって、モノの見方が随分と変わった。すなわち「この仕事をするのに何年かかるので、それからなら定年まであと何年」、「これを済ましておかないと定年間近になって困ることになる」云々、、、それでまだまだ時間に余裕のある(本当は自分だって余裕があるはずなのだが)若い人を頼りにすることを考えたりしている。

 吉田拓郎さんの名曲に「人生を語らず」というのがある。それを受けて「70歳になられた今は、人生を語ることができるのでしょうか?」とインタビュアーの桑子真帆さんに尋ねられて、「そうだねぇ、70年生きてきて太い時も細い時も、色々経験してきたからねぇ、今なら何か語れると思うねぇ」と拓郎さんは応える。それを観て、そうだねぇ、いま少ししんどいのは、これは細い時やからやろねぇ、、と自問自答する。「『エナジーが足りない』のは唄ってないからじゃないかなと思った。だからコンサートを再開してみた」とも拓郎さんは言う。番組内で放映されたそのコンサートでは、エネルギッシュ(エナジッシュ?)に唄う拓郎さんがいた。それを観て、忙しいとかしんどいとかゴチャゴチャ言うてる場合ちゃうな、、と反省した。

 忙しくてふさぎ込んでいるのは、自分の能力に見合わない仕事をたくさん引き受けてしまうからだ。それはわかっていたのだがここ何年も上手く調整できずにいた。しかし今年の後半から真面目に外部から依頼される仕事を大方整理して、あとは来年いっぱいで終わる「あれ」くらいを残すところまで来た。そろそろ「エナジーの足りない細い時」を脱け出さないと恥ずかしい。なにより、拓郎さんの名曲「落陽」の意味がわからんとかいう若い人たちなんぞにまだまだ頼るわけにはいかん、、。

 録画で観た吉田拓郎さんに、勝手に元気づけられたクリスマスである。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


 
posted by Yas at 19:43| Comment(0) | 私的先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]