2016年06月23日

実験ノート

 お久しぶりです。

 一昨年あたりから「出張を減らして研究室に居る日を絶対増やすぜっ」と考え始めて、ようやく今年度あたりからそれが実現できるようになった。、、、、講義や講演出張をお断りした他大学の皆様方、お許しくださいませ。ホリグチは幸せにやっております。

 ところが、出張を減らして油断していたのかもしれない。雑誌や教科書の原稿依頼を迂闊に引き受けていたら結構な数になっていた。そのそれぞれの締め切りが 7月−9月のうちに迫っていて、実は密かに焦っている。その上、当研究室では珍しくというか久しぶりにと言うべきか、論文(もちろん原著ね)の作成・投稿ラッシュ現象が起こっている。メンバーの論文がふたつ。これはメンバーの書いてきた原稿を私が添削することで作成が進む。それから8年がかりで紆余曲折の末にデータを集めた仕事の論文。こちらの方は実験に関わった主要メンバー全員がすでに異動しているので、図表などの粗稿は残してくれているものの、私が全て生データの所在を確認しながら論文を作成しなければならない。この図表の再作成に二日間かかって、あまりに疲れたので一息つきながらこの記事を書いている。しかし、こんなことが二日間でできるのも当研究室の実験記録システムがそれなりに機能しているおかげかなと思っている。

 当研究室では、研究室に参加したメンバーには実験者記号が与えられる。YhとかNaとか、大抵は名前のイニシャルに由来した記号になるがそうでない場合もある。そしてそれぞれが行う(行った)実験は、その目的によって実験者記号の入った実験番号が振られることになっている。もちろん、実験で作成した材料にはその実験番号が付くし、図表に成形された実験データにも実験番号がつく。実験記録にも実験番号がつく。そうすることで、すでになされた仕事は実験番号と日付をもとにノートを遡って生データや実験方法を確認することができるという仕組みである。今回のように何らかの事情で私がメンバーの仕事で論文を書かないといけない時には、このシステムが大いに威力を発揮する。

 しかし実験番号のつけ方、実験記録の取り方のガイドラインは説明していても、その実験ノートの出来具合はメンバーによって大きな差ができるものだ。気持ちよく元データに辿れるノートもあれば、整理の悪さに愕然として四苦八苦しながら実験方法を探らなければならないノートもある。それでもなんとかなるのは、この方法が長い年月をかけて工夫されて成熟してきたからだと思う(実はこの実験記録方法は、私の学生時代のボスがアメリカに留学していた時に学んだ方法らしい)。私のような雑駁な人間が多人数の実験を管理するのには非常に有効な方法だと思っている。

 ところが世の中、コンプライアンス、コンプライアンスと煩くなってきている。おまけに莫大な額の研究費を不正使用した輩などが本学で出てきたりして、どうやら学内全体あるいは部局全体で共通した実験ノートを作る計画が検討されているとかいう話が聞こえてきている。全くもって余計なお世話なのだが、しかし不正を働いた奴がいたのは事実だし、小保方さんみたいに「笑かしたいんか?」と思ってしまうような実験ノートがあちこちで出回ったりするのは困るし、、、如何ともしがたいか、となんやらすっきりしない気持ちで悶々としている。

 でも、今さら実験ノートのつけ方を変えろと言われたら、やっぱり嫌やなぁ、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 19:43| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]