2016年06月07日

SIMフリー iPhone を海外で使ってみた

 実は先々月と先月の前半にそれぞれ海外出張でアルゼンチン・ブエノスアイレスと韓国・慶州に短期間滞在していた。ブエノスアイレスは遠かったけれど肉が美味しかったし、慶州の名所観光と帰りに立ち寄った釜山の焼肉は美味しかった。でも、そういう話題ではなくて、今回は SIM フリー iPhone を持って行ってプリペイド SIM を購入してみたので、各国のプリペイド SIM 事情などを書いてみたい。

 いわゆる SIM カードには様々なサイズのものがあるが、私の持っている iPhone 6s に適合するのは最小形状の nanoSIM である。海外でのモバイル生活はこの nanoSIM を手に入れるところから始まるが、あいにくプエノスアイレスの空港は通貨両替ブースさえ一箇所しかないほどで、携帯電話会社の出店はおろかコンビニも何もない。仕方ないのでそのまま学会が用意したバスに乗り込んで市内のホテルに到着する。ホテルのフロントでひと通り宿泊手続きを終えたあとに「この辺りで SIM カードを手に入れるにはどうすればいい?」と尋ねると、「SIM カードはキオスクで売ってる。キオスクはホテルを出て200メートルほどのところにある」という返事。キオスク=売店かぁ、、と思いながら言われた方向に歩いて行くと、その通りには品揃えこそ少しずつ違うものの売店ばかりが並んでいる。文房具店みたいなの、家電ガジェット店、パンと雑貨を置いてる店、宝くじ屋だと思しき店、どの店も SIM を置いていておかしくなさそうな雰囲気である。

 仕方ないので200メートルと見当をつけたあたりの店に片っ端から入っていくことにした。しかしどうもブエノスアイレスの街中では英語はあまり通じない。
「あぁ? お前の言ってることはわからんが、スマホを見せて話をしているところを見ると携帯電話に関係あるものがいるんやろ? それはここにはない。隣の家電ガジェット屋に行け」とスペイン語で言われたようなので行ってみると、ガジェット屋にもプリペイド SIM は無いという(この「プリペイド」という言葉、ブエノスアイレスでも韓国でも通じなかった。世界共通的には他の単語があるのかしらん? あるいは発音が悪いだけか?)。最後に行き当たったのが文房具屋さんだった。
 ここでは少しだけ英語のわかるおばあさんがいて、携帯会社をどれにするかと SIM のサイズを聞いてくれた。事前に調べていた携帯会社は Movistar、んで nanoSIM が必要だと言うと、
「nano SIM はない。マイクロ SIM をハサミで切ってサイズを合わせろ」と言う。んなアホな、と思ったがおばさんは真顔だ。SIM カード本体の値段は20アルゼンチンペソというから150円ほどである。安いし、ここまできてスゴスゴと帰るわけにもいかないので、これを買ってホテルでハサミを借りて nanoSIM のサイズに切ってみた。

IMG_2578.jpg
 その結果がこれ。こんな感じに歪(いびつ)に切れ込みの入った自家製 nanoSIM を iPhone に挿入してみると、、。どうやらつながった。シグナルの強度を示すアイコンには Movistar の文字が見える。 さらに、すぐに Movistar からメッセージが届いたのだが、スペイン語なのでなんのこっちゃ全くわからん。しかしネットには繋がらない。iPhone の設定を色々変えて見たが、やはりつながらない。時差ボケで疲れていたし、日も暮れて来たのでこの日は諦めることにした。

 翌日、学会場の受付で若い兄ちゃんに「SIM を買ったのだけど、繋がらん。たぶんどこかでチャージしないとダメだと思うのだけど、どこに行けばいい?」と聞くと、「スペイン語が分からないのなら、たぶん難しいからここでやってやる」と言って、私の iPhone を使って WiFi 経由で Movistar のサイトに入って、 自分のクレジットカードで7日間分のチャージの決済をしてくれた。その代金250ペソをキャッシュで彼に支払って一件落着。iPhone の操作は世界共通なので、私の日本語版の iPhone の操作には迷わなかったようだ。iPhone 様々である。

 その後は快適なモバイル環境を楽しませていただいた。地図であろうと翻訳ソフトであろうと制限なしに使えるのは気持ちがよかった。7日間で(実際の滞在は確か5日間だった)で 270ペソ、2,200円程度のコストでのモバイル生活だった。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 19:45| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]