2016年05月19日

新しい iMac

 新しい iMac を購入した。

IMG_2568.jpg 27インチ Retina 5K ディスプレイ 3.3 GHz クアッドコア Intel Core i5 16GB メモリ、2TB Fusion Drive というスペックである。今まで使っていたハードディスク仕様の iMac が遅くて困っていたので新年度を機に決断した。これまでの iMac は研究室の共用端末になる予定である。

 iMac はディスプレイ一体型なので全体的にはコンパクトに作られている。しかし、やはり27インチのディスプレイは大きくて背が高い。ディスプレイの背が高いと上目遣いで作業する事になるので、きっと首や肩が凝るだろうと購入以前からずっと思っていた。私は目線が比較的下がるようにディスプレイを置いて仕事をするタイプなので、27インチ iMac は私には合わない、と思っていたのである。そして、実際に届いた実機を見ると、やはり背が高い。

 そこで、いま使っているデスクの下に一段低い台を滑り込ませて、そこに iMac を載せて本体部分だけをデスクの上に来るようにすれば、ちょうど具合のいい高さになるんじゃないかと考えた。デスク下のスペースは奥行が 200 mm 程度しかなく、台に必要な高さは620-630 mm くらいである。幅は最低スタンドが載る程度なので200 mm 以上あれば良い。

 そんな都合のよい大きさの台なんてないやろな。木材を買って自分で作らなきゃ、、。と思いながらホームセンターで物色していたら、、615 mm(高さ)x 200 mm(奥行)x 400 mm(幅)のうってつけの組立棚があった。探せばあるもんである。

IMG_2569.jpg んで、写真のような感じになった。これでディスプレイの上辺がちょうど目線の高さになって見下ろして作業することができる。

 5K のディスプレイは快適だ。もっとも、4K だなんだと世間で騒がしいテレビの解像度の何が 4K で何が 5K なのかちっともわかっていないけれど、とにかく快適だ。テキストが滑らかに表示されることがこんなに快適なのだということを使って初めて実感した。128GB のフラッシュストレージを擁する 2TB Fusion Drive も早くて快適だ。

 定年までの9年間、もう Mac を買い換えずにやっていけるんじゃないか? と無駄な妄想をしてしまうほどである(多分、無駄な妄想で終わると思う)。ただもう一つ問題が出てきた。新しい iMac に触発されて、新しい MacBook や iPad にも興味が出てきてしまったのである。来月はアップル製品の新発表があると言われている World Developers Conference (WWDC) が開催される。その時に発表されるラインナップによっては、余計なものをポチッとしそうでとっても心配である。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 16:05| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]