2016年03月30日

少し前の出来事2・あと9年

 少し前の出来事写真のふたつめ。

IMG_2490.jpg 当研究所の菊谷教授と目加田教授である。菊谷教授は平成27年度で定年退職される(た)。写真は、所内で執り行われた最終講演・祝賀会のあと、天神橋界隈まで繰り出した時のスナップである。上機嫌の菊谷先生は珍しくカメラ(iPhoneですけど)に顔をそむけることなく写真におさまってくださったばかりか、これをブログに掲載することさえ許してくださった。天邪鬼な菊谷先生(失礼なこと書いてえらいすいません)は、決して実名掲載も写真掲載もこれまで許してくださらなかったのにもかかわらず、である。定年退職とはそれほど人の気分を変えるものなのかもしれない。

 写真のバーで珍しいワインを飲み、チーズを楽しみ、研究を語る。菊谷先生と目加田先生にはよくお誘いいただいたので、こうしたことは今までにも何度もあったが、やはり何か「ゆるい空気」を感じたのは気のせいか、、。目加田先生も来年には定年で退職される予定である。「僕もあと9年で定年です」と言うと、菊谷先生はいつもの口調で「そんなん、あっという間やで」と仰る。いつの間にか先生とのお付き合いは20年以上に及んでいる。経験不足で未熟で面倒くさい私に、菊谷先生は根気よく様々なことを教えてくださったものだ。まぁ、それもこの3月で一区切りである。

 先生の最終講演はしかし、最終講演とは思えないほどエネルギッシュでかつ将来展望に満ちたものだった。それもそのはずで、菊谷先生は定年後も寄附講座のかたちで研究室を維持されて研究を続けられる予定なのである。そういうことが出来るのは業績が優れ集金能力に秀でた研究者だけで、平凡な教授である私には出来るはずもない。、、、ということは、私の研究生活はあと9年で否応なしに終わるということだ。

 あと9年か、、年齢を重ねてきた教授などが研究以外にも世間を広げてみたいと、色々なことに手を出して面白い経験をされるというのはよく聞くし、自分もそろそろ何かしようかと考えてもみたが、定年まであと9年。研究を楽しめる期間はあと9年しかない、。ワインを飲みながらそんなことを考えてみて、やっぱり定年までは研究を中心に生活することにした。そう決めると、不器用なので私はきっと他のことには興味を向けることができない(テキトーに遊びますけどね)だろう。そういうことは、定年して研究ができなくなってから考えることにした。

 ということで菊谷先生。これまでも色々と教えていただいてまいりましたが、これからもガッツリよろしくお願いします、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 18:44| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]