2016年01月31日

IIJmio(格安SIM)の月額請求料金

携帯の契約先をソフトバンクからMVNO(仮想移動体通信事業者というらしい)の IIJmioに変えてから一ヶ月以上経った。以前にも書いたが、これは、携帯端末の料金を2年間のローンで支払った後も、基本料金プラスオプションやらなんやらの組み合わせで支払う月額料金がほとんど変わらず8千円から9千円になってしまう、大手キャリアの料金体系に激しく疑問を持った結果の措置だった。

 んで、先週に先月途中からの支払額が確定したようなので調べてみた。

 2016-01-24 17.23.57.jpg

 消費税を入れて947円だった。「音声通話機能付きSIM」の月額基本料と音声通話機能付帯料を併せて月額 1,600 円のコースで、使用開始日からのきっちり日割り計算ポッキリ。ややこしいオプション料やら値引きやらのプラスマイナスは一切なし。明快である。明快すぎて思わず笑ってしまうほどだ。(ただし、通話をすれば通話料金は加算される。私の場合、12月15日から31日の間に通話発信をしていないということだ)

 契約しているコースは3GBの通信パケット量だが、通信スピードをIIJmio提供のアプリで低速に設定すると、その間はその3GBは消費されない。それに普段は大学や自宅のWIFIを使っているので、出張が重なるようなことがなければ、パケットの消費量は基本的に多くない。今日は1月31日だが、1月分の通信量はまだ1.8 GB以上残っているほどだ。残ったパケットは来月分に加算される。

 こうしたMVNOの弱点は、いわゆる携帯アドレス(@softbank とか @ezweb などが付いているアドレス)が使えないところだが、私の場合は携帯アドレスをほとんど今までも使っていなかったので問題はほとんどない。それ以外、全く不都合はない。

 請求額を確認してそのあとすぐに追加のSIMを家内のために契約し、アップルストアで iPhone6sも購入した。その5日後には全てが整って回線を開通することができた、。携帯ショップに出向いてあれやこれやと手続きを踏む必要はない。お手軽である。

 いかがでしょう、、皆様もご検討されては、、、。一応念のため言っときますが、IIJmioから宣伝を依頼されているわけではございません、、。

:これを機会に端末も iPhone5 からiPhone6s に乗り換えて、液晶が4インチから4.7インチと大きくなった。「大きすぎたら使いにくいやろ」と思っていたが間違いだった。表示領域がわずかでも大きくなると、使い勝手が大きく変わり、 iPhone5 時代とは違ってWebでの調べ物やニュースの閲覧の機会が大幅に増えて、iPad miniを使う機会がめっきり減った、、。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 18:28| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]