2015年12月23日

早石修先生・ジフテリア毒素・ADPリボース転移反応

前回、岡本おさみさんが亡くなったことを書いたが、実はその日、新聞では早石修先生が亡くなられたことが報道されていた。

私などがご経歴を紹介するのは畏れ多いのだが、、、早石先生は大阪帝国大学医学部を卒業されて留学後、京都大学医学部教授、大阪大学医学部教授、東京大学医学部教授を併任も含めて歴任され、私などが研究者として物心ついた頃には財団法人大阪バイオサイエンス研究所長を務められていた。世界が認める偉大な生化学者である。

早石先生のご業績を数え上げるとキリがないが、細菌毒素屋である私が取り上げるとすればやはり、本庶佑・西塚泰美・早石修(いずれも恐れ入りまくってしまうような偉大な研究者である)の名前で発表された、ジフテリア毒素が ADP リボース転移反応を触媒する酵素であることを示した研究になる。私が調べたところでは、この研究に関する最初の論文は1968年の J. Biol. Chem.に掲載されている。ウィキペディアによると本庶先生はこの研究で博士号を取られている。この仕事は、単にジフテリア毒素の作用を解明したということにとどまらない。私の知識では、この研究は酵素活性を持つ細菌毒素を初めて示した研究であるし、NAD の ADP リボース部分が酵素によって転移されうる事を初めて示した研究でもある。

その後、コレラ毒素や百日咳毒素が三量体 GTP結合タンパク質を ADP リボシル化する同様の酵素毒素であることが明らかになり(百日咳毒素の作用は当時北海道大学の宇井理生先生の手によって明らかにされた)、いまではたくさんの細菌毒素が ADPリボース転移酵素であることがわかっている。こうした知見に先鞭をつけたのが早石先生のグループなのである。なぜ多数多種類の細菌毒素が揃いも揃って特殊な ADP リボース転移酵素活性を持っているのか、科学的な理由はわかっていない。あるいは、二匹目三匹目(十匹目とか二十匹目かもしれん)のドジョウを狙った細菌学者がこぞって ADP リボース転移反応を目印に毒素機能の解析をした結果なのかも知れない。

最近はさすがに、新しい ADPリボース転移酵素毒素の発見ラッシュは止んでいるが、それにしても生化学者であり分子生物学者であった本庶先生・早石先生のご研究は、多大な影響を細菌学研究にも与えたのだと言っていいと思う。

謹んでご冥福をお祈りいたします。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 17:42| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]