2015年12月19日

岡本おさみさん

 岡本おさみさんが亡くなった。
 加藤和彦さんが亡くなった時もそうだったが、この喪失感はやはりとてつもなく大きい。

 「りんご」「おきざりにした悲しみは」「旅の宿」「制服」「こっちを向いてくれ」「祭りのあと」「地下鉄に乗って」「ひらひら」「落陽」「いつか夜の雨が」「都万の秋」「君去りし後」、、、いくらでも思い出の唄を数え上げることができるが、、、、

「病んだ街を 見下ろしながら
 野ウサギが 吹き鳴らす
 草笛のように 笑う
 そんな壊れやすい 午後に
 君が好きだ」

 と吉田拓郎さんが唄う「君が好き」がとても好きだった。

「退屈が 誘う夕暮れに
 ワインを 飲みながら
 退屈さを 潤している
 こんな暇つぶしの 夜に
 君が好きだ」

 あかんあかん。思い出すだけで泣いてしまいそう、、。

 冥福をお祈りします。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく

posted by Yas at 21:20| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]