2015年07月16日

Ooh La La

今月から、Apple Music という音楽配信サービスが開始された。すでにご利用の方々もたくさんいらっしゃることと思う。今月から3ヶ月間はお試し期間ということで無料で利用できる。

私は音楽を聴くのは好きだが、特定のジャンルやミュージシャンに傾倒しているわけでも、音楽そのものに造詣が深いわけでもない。多くは、何かの家事や仕事、あるいはドライブをしているときの BGM としてその場で音楽を流すだけだ。だから、もしかすると Apple Music のような配信サービスは私のリスニングスタイルにとても合っているのかもしれない。

何もよく知らないままこのサービスの利用を始めたら、”For You”というタグで、私の好みに合わせた音楽やミュージシャンの一覧を見ることができた。何が好みなのかは、私の iTunes ライブラリの内容や、スタートの時に尋ねられたアンケートの回答の内容で判断しているのだろう、まさしく好みの音楽がラインナップされている。ここで選択した音楽のページ右上にある+ボタンをクリックすると、その音楽がマイミュージックに登録される。こうすると、Apple Music 内の音楽も自分が所有する音楽と同じようにシームレスで再生することができる。

私の ”For You” には、1970-1980年代のロックやポップスが並んでいる。私にとって音楽といえば、この頃のものが一番詳しいわけで、こうなるのも当然といえば当然である。その中には、興味はあったけれどお金がなくてレコード(レコード!)を買えなかったミュージシャンのナンバーがいくつもある。ドゥービー・ブラザーズ、ロリー・ギャラガー、ザ・フーにレオン・ラッセル、、、その他いろいろ。こういう楽曲が気楽に聴けるのだ。これはかなり良い。

Ooh La la.tiffなかでも、ハマってしまったのはフェイセズの Ooh La La (アルバム) だ。、、現在、私の教授室でヘビーローテーションちうである。、♬ Ooh っ Laっ La ぁ〜♪、、とご機嫌で聴いていたら、シンザーくんが用事で私のところにやってきた、、。

「なんですか? これ?」
「フェイセズの Ooh La La やがな、知らん?」
「知りません」
「フェイセズのヴォーカルはロッド・スチュワートやったんやで」
「、、、、、、、ロッド・スチュワートって誰ですか?」

このアルバムのリリースは1973年。シンザーくんは30歳前半だ。、、ワタクシ55歳。、、ロッドは何歳になったんだろうか?


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:15| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]