2015年01月31日

MacOS のクリーンインストールで、、


 Mac OS X には FileVault という暗号化機能がある。ユーザーデータを暗号化して、容易に他人がアクセスできないようにするというものだ。

 この FileVault 機能が、私の MacBook Air で、知らない間にオンになっていた。そして、なぜかその暗号化作業が2週間ほどずっと続いていて終われないでいた。暗号化を中止しようとしても、「ディスクの暗号化が終了してからオフにしてください」というメッセージが現れて、中止を受け入れてくれない。暗号化中でも、他の作業は普通にできるのだが、どうやら暗号化作業は電力消費が激しいようで、バッテリーがすぐに空になるので困っていた。それだけではない。最近、どうもこのコンピュータの動きがおかしい。SSDの空き容量も少ないし、その中身を見てみるとおそらく不要なフォルダがいくつもある。考えてみれば、Macを買い換えるたびに、「移行システム」を利用して直前まで使用していた Mac のシステムをそのまま丸写しして何年もやってきた。多分、Mac 4台か5台分、10年以上の資産を(ジャンクも)引き継いできたのだろうと思う。

 そこで、この際だからいっそのことOSをクリーンインストールしてみることにした。クリーンインストールとは、ストレージ(この場合はSSD)を空っぽにして、OSだけをインストールすることである。FileVault に関係したトラブルシューティングをネットで調べてみると、暗号化が終わらないなどのトラブルにはクリーンインストールが一番の解決策だということだ。、、、インストール後には以前の環境が失われて、復旧には時間がかかるかもしれないが、もう少しこの MacBook Air を長く使いたいのなら、やっぱクリーンインストールだ。

 まず、インストールが失敗した時の用心に、あらかじめダウンロードした Yosemite OS をターミナルのコマンドを使って USB に格納して単体のインストールデバイスを作製する(なんのことを言ってるか判らん人もいると思うが、、、すまん)。それから、MacBook Air を「Command」 + 「R」で再起動。画面に現れるユーティリティーを使って SSD をすべて消去する(おぉ怖っ)。それからさらに、OSX を再インストールを指定して1時間ほどして、クリーンインストールが完了した。

 その MacBook Air を改めて起動してみると、なぁーんもないサラッピンの Mac を起動したのと同じ Welcome 画面が出るので、システムを設定していく。アプリケーションは純正添付のもの以外何もない。とりあえず AppStore に行って、「購入済み」のリストから必要なものだけを選んでインストールする。これは数分で完了した。iTunes の音楽もほとんど Store 経由でコピーされるので問題はない。問題は、iPhoto である。当然、iPhoto の写真はすべて消えている。その中には仕事に使う画像データも含まれているので、母艦である iMac から転送する、、転送する、、転送、、?、と思って iMac の iPhoto を見ると、なんとここの写真もなぜかほとんどが消えていた。

 どうすんの?、、、

あ、長くなったので、また次回に続く、、。(ここに書かれた方法でクリーンインストールを試みられて、失敗されても当サイトはなんの責任もとりません。念のため)


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 15:53| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]