2013年12月27日

歯ごたえのある研究

 留学生の Jane が帰国した。

 彼女は交換留学制度で来日した。希望教科が公衆衛生学/分子生物学で、これに適当であるとして当研究室に配属されたのが昨年の9月だった。それから今年8月までに規程のコースを修めて研究報告をすませたあと、留学期間をさらに延長して今月23日まで日本に滞在していた。

 韓国人だが、人生の半分ほどをアメリカで過ごしている。今はシアトルのUniversity of Washington の学生である。来日前に日本語を勉強していたとかで、初めて会った時には、すでに片言ながら日本語で意思疎通ができた。それでもしばらくは英語を使って会話をしていたのが、3ー4ヶ月ほど経つとほぼ普通に日本語を使うようになった。とっても勘のいい娘である。話によると、彼女のお母さんは、日本語の翻訳を仕事にされていたことがあるらしい。以前からうすうす感じていたことだが、やはり語学の能力は遺伝するのだ。

IMG_1990.JPG 元気溌剌。明るくてイジイジとしたところがない。たちまち研究室のメンバーとも仲良くなった。しかしはっきり云って、彼女は研究や細菌学の勉強に積極的だったわけではない。だから私にたびたび「たるんどる!」と云われたりした。「スチャラカ留学生」というあだ名もつけてやった。ただし、彼女の名誉のために云うと、彼女は与えられた実験も、留学期間最後の研究発表も、(最低限ですけどね)とても上手くこなした。スライドの作成やストーリーのまとめ方も上手かった。そもそも、彼女は実験をしたくて日本にやってきたわけではないのだ。自分に何ができるのかを考えるために、自分の世界を拡げようと交換留学生の制度を利用したのだ。そのことは研究室のみんなが知っている。実際、日本に滞在中は、近隣のアジア諸国にいる友達(むこうの大学で知り合ったとか)に会いに行ったり、バイトをしたり、ボランティアで日本の子供たちに英語を教えたり、見聞を広めようと色々としていたようだ。

IMG_1996.JPG その彼女が、ついに帰国をする日を迎えた。しばらくは韓国に戻ってご両親と一緒に過ごし、そのあと大学に戻って最終学年を修めるということだ。将来、どんな仕事に就くのかわからないけれど(おそらく本人にもわからないと思うが)、オレはあと11年は教授でいると思うから、その間に一度くらいは遊びに戻っておいで、と言うと「うん」とうなずいてくれた。

 じゃぁ Jane、きっとどこかでまた会おうね。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:12| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]