2013年09月09日

先々週からこっち

 先々週の金曜日。ある会合で、私にとっては分不相応なお役目を拝命することになった。しかも目標達成まであまり時間がない。一体どうすればいいものやら、、。と、先週一週間ずっと頭を悩まし続けて、お役目達成までの骨子が作成できたのが金曜日。これが、ほんとに役に立つのかどうかはよくわからないけれどとりあえず一段落。

 んで、次の日の土曜日は、3ヶ月ぶりくらいのプライベート飲み。小中学校からの幼なじみのウーさんがセットしてくれた、飲み会だ。久しぶり久しぶり、、ということで楽しく飲んだ。そのまま、しばらく店を閉めていて、最近再々開店された「そったく」へ。なんと、「新そったく」は昔懐かしい微研野球部があったころ、メンバーでよく飲みに行ったニューサボと同じビルだった。そのニューサボは今はもう無い。1階で、外に向かって窓がある、昼間ならきっと明るいだろう間取りの「新そったく」は、ママの順子さんが内装に気を使っただけあって、とても居心地のいいスペースになっていた。おかげで午前2時まで痛飲してしまった。

 あくる日。お酒の残っている身体でノタクタしていた夜、娘が愛犬みゅーと自転車で散歩に出たまま迷子になった。携帯のGPS経由で居場所はわかる。だが、その娘の携帯の電池がいつまで持つかわからない。電話をして、その場で待たせて迎えに行くという手もあるが、ほんとにそのまま娘が待ち続けるかどうかわからない。そうこうしているうちに、娘の居場所を知るための家内の携帯の電池もなくなり始めた。迎えにクルマを出すにしてもリアルタイムで娘の居場所がわからないと万全ではない。車内で家内の携帯を充電するすべはない。、、、どうしよう?と考えあぐねていたところに、家の電話が鳴った。

 電話は、娘が通う事業所の職員の家族の方だった。職員さんが、自宅から遠い園田近辺で犬を連れて散歩している娘を偶然見かけて、不審に思って声をかけてくださり、娘が迷子になっていることがわかったとのこと。同乗していた家族の方が電話をくださったようだった。そのまま娘を自動車に乗せて自宅近くまで送ってくださった(ありがとうございました)が、自転車はもちろん、ない。職員の方とご家族にお礼を言い、自宅への帰り道、自転車の在処を尋ねると「団地の駐輪場に置いてきた」という。場所はやっぱり武庫之荘だ。前回は歩いて自転車を探したが、この日はさすがに体力的に余裕がなかった。とりあえずクルマで探すことにして、以前のようにクルマの入れないところに自転車を置いている場合を想定して折りたたみ自転車を積み、家内と娘と三人で探しに出ることにした。以前の経験があるので、ある程度、娘の好きなコースはわかっている。娘のナビゲートとこれまでの経験を併せて、当たりをつけながらクルマを走らせていると、県道に面したマンションの駐輪場を娘が指さした。そこに、マンション住人の自転車であるかのように、娘の自転車がちゃんと整列されて置かれていた。娘は伊丹市に近い武庫之荘に自転車を置き、犬と一緒に歩いて園田まで行ったことになる。そこまで直線距離でも 4km ほど。その間、ずっと海側にも歩いていったようなので、実際にはその倍以上歩いたのだろう。

 明日から、「あわじ感染症・免疫学フォーラム」が始まる。ワーキングのメンバーである私は出席せねばならない。9月締切の仕事や、それ以外の急がねばならない仕事は積み残されたまま。ということで、淡路島では、半分フォーラムを楽しみながら、半分はホテルの部屋で仕事をするつもりである。、、と思って、昨年の今頃のブログを見ると、昨年は「研究者のプレゼン術」の執筆で苦しんでいたようだ、、。今年も同じようなもんで苦しめられております。、、、

 とまぁ、そんなこともあんなこともありましたけど、。11日の「なかやパーティー」、まだ空きがございます。参加してもいいかな?と思われている方は、明日でも結構です。会場で私か新澤くんの姿を見たら、気軽に声をお掛けください、、。

 それでは、、、、、。

 
、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:16| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]