2013年09月03日

いい気ブン 2

 新南館(最先端なんたら棟)のはなしの続き。

 8月30日にプレオープンしたコンビニエンスストアに続いて、9月2日には食堂がオープンした。今まで、微研に食堂がなかったわけではない。私が微研に来た20年以上前は、まだ研究所に隣接していた病院の中に5席ほどのカウンターだけの食堂があった。この時は、注文したランチや丼ができると、研究室に持って帰って食べるしかなかった。さらに病院が医学部病院と統合されて移転すると、その跡地を利用して少しだけ大きな、といってもテーブルが6−7卓ほど(20−30席くらい)の食堂になった。この時は、半数ぐらいの客はそのテーブルで食事できるようになった。

 今度の食堂は、70席以上あるとか聞いている。メニューは豊富。少しくらいは内装にも気が配られていて、午後からはカフェタイムもあるらしい。ちょっとオシャレ風? みたいな?

 んで、本日。初めて昼食に出かけてみた。そして驚いた。以前の微研食堂では考えられないほどの人でごった返している。微研や iFReC 以外の部局の人も食べに来ているようだ。メニューはめちゃ豊富というわけではないが、惣菜を組み合わせると結構バリエーションが楽しめるようだ。

IMG_1870.JPG
 惣菜の陳列棚。

 これを見ていると、なんかついつい手を出して取りたくなってくる。

 カルボナーラうどん? ええがな。美味そう。緑黄色野菜の惣菜も欲しいな、。なんや、これは? ねぎとろ? とか言いながらお皿に手を出していると、総額が770円にもなってしまった。生協の食堂なのに770円。うぅむ。これは、たくさん買わせるための新手の作戦かもしれん。みなさん、気をつけてくださいね。

 食堂のついでにコンビニにも立ち寄った。ここは、さらに混んでいて、店員さんも元気で、さらに活気があった。品揃えは、怪しい変な雑誌やアルコール類がないこと以外は、街のコンビニと変わらない。大学のコンビニは生協の延長の様でつまらないというのはよく聞く話だが、ここは違うようだ。ほぼ完璧なセブン-イレブンである。いやなかなか結構である。当研究室のサーヤなんぞは、何かに託(かこ)つけてコンビニに行っては、お菓子を買って帰ってくる。これもコンビニさんの思う壺かも、、。

 しかし、、セブン-イレブンさん。お酒は置いたほうがええと思うぞ、、。大学からの制限はないんでしょ?


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:57| Comment(2) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たびたび失礼します。

実は……コンビニの出店条件として、真っ先にあがったのが「酒・たばこを置かない」というものでした。
実際、未成年の学生が在籍する大学構内の店舗では酒・たばこを扱わない店舗が多いようです。
大学として、未成年の飲酒を助長させる環境は作れない、といったところでしょうか……。
Posted by ジムノF at 2013年09月05日 13:00

 そうでしたか。コンビニ出店の業者選定委員だったのに、知りませんでした。でも、コンビニの様子を見ていて、たしかに野放図にアルコールを販売したりしたら、問題が出るかも、、と思いました。ホントは、問題が起きたとしても学生(学生とは限らんが)が責任をとればいいだけの話なんですけど、、、日本的にはそうもいかんでしょうね、、、。
Posted by Yas at 2013年09月05日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]