2013年06月29日

ドイツ1

 前エントリの沖縄出張の三日後。今度はドイツ出張に出発した。6月22日から26日まで、ドイツのフライブルク近郊で開催される Europe Toxin Symposium (ETOX) に参加するためである。

 21日に関西国際空港を発って、同日午後2時ころフランクフルトに着いた。同行は徳島文理大学を定年退職された櫻井純先生と微研感染症国際研究センターの藤永さんである。フライブルクにはフランクフルト中央駅からICE(InterCity Express)で行く。が、それは翌日の午後のことだ。それまでフランクフルトを観光することにした。駅前のカフェでビールを飲んで、それからフランクフルト市内を散策する。

IMG_1782.jpg 写真はフランクフルト旧庁舎広場の近くにある教会(名前忘れた)。

 夕食は300年以上続くという老舗のレストランで、白アスパラガスをはじめなんやらかんやら(何を食べたか忘れた)をいただいた。ソーセージも、ポテトもおいしゅうございました。櫻井先生とは随分と昔から懇意にしていただいているが、この夕食の時ほどゆっくりと話しをさせていただいたことはない。海外での国際会議では、外国研究者との交流もそうだが、日本人同士の交流も深まる。これも海外出張のいいところだ。レストランの屋外テラスで食事をしていたが、フランクフルトは緯度が高いので日没が遅い。午後10時になっても暗くならないので、随分とゆっくりとすることができた。

 翌日、午前中はまだ時間がある。ここで三人が時間を潰すべく決めた行く先は、美術館だった。

 IMG_1787.jpgこれ、、。

 フェルメールの地理学者である。シュテーデル美術館に収蔵されている。なんかミーハーですいません。このシュテーデル美術館にはレンブラントもルノワールもピカソもございます。

 ゆっくりと絵画鑑賞を済ませたあと、少し歩いてラーメン屋、、、そう、海外に行ったらラーメン屋だ。これを外すことはできない。私は、海外で食べる本格洋食に弱い。コテコテの肉やハムに簡単に胃腸をやられてしまうし、イノシン酸やグルタミン酸を含んだ出汁の味がないと、体調が悪くなる。、、ということで、ETOXのような合宿形式の海外の学会に参加するときは、その前後の日には必ずラーメンやうどんやそばを食べる。、、ということで入ったのはフランクフルト中央駅北側にある「夢谷」さん。いただいた塩ラーメンはなかなかよろしかった。半ば無理やり私に連れて行かれた櫻井先生も藤永さんもご満足の様子であった。

 そのあと、午後2時ころにICEに乗り込んだ。フライブルクまでは2時間ほどの行程だ。
(つづく、、、と思います)


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 21:23| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]