2012年10月10日

ティコティコシャカシャカ

 先週末のこと、いつものように盟友あべっちと電話で話をしていたら、彼の声がえらく遠い。「なんや、東京までの電話は遠いのぉ」とボンヤリ思いながら長話をして、受話器を持つ手を左から右手に替えると、いきなりやたらと聞こえるようになった。

 どうも左耳の聴力が落ちているようだ。そういえばここ何日間か、左側だけ耳鳴りがする。さらに、これまでにも疲れた時なんかに何度か耳鳴りを感じていたことを思い出した。この日の夜、友達から iPhone にかかってきた電話をとっても、やはり左耳では聴こえにくい。まるで安物のツィータスピーカーのように、ティコティコシャカシャカと相手の声が聴こえる。

 これはいかん。自分の身体にわりあい無頓着な私もさすがに気になって、昨日、自宅近くの市民病院で診てもらったら、予想通り「突発性難聴かメニエール病」という診断がかえってきた。聴力検査の結果を見せてもらうと、やっぱり左耳の低音に対する感度が著しく落ちている。突発性難聴なら発症から2週間以内に治療しないと効果は見込めないので、とりあえずその処置をする、ということだ。その処置とは、1週間ステロイドの点滴をするというものだ。「ステロイド」って聞いたことあります? とか「炎症」って知ってます?とかいう煩わしい質問入りのお医者さんの説明を聞きながら、1週間か、、科研費やらなんやらで忙しいけど自分の身体のことやし、しゃぁないの、、と頭の中で考えていると、毎日1時間半かけて点滴をするという説明が聞こえた。

 はぁ。では毎日、診察と点滴処置で午前中はつぶれますね。1週間。、、科研費の申請書、まだ1文字も書いてないし、そのほかにも今月一杯色々と予定が詰まってるんですけど、、、、。

 まぁ、自分の身体のことであるから、しかたない。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく




 
posted by Yas at 22:56| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]