2012年10月09日

無印良品で嬉しいモノ買った

 先日、娘とイオンモールに行った時に、無印良品で思いがけず楽しい買い物をした。

IMG_1531.JPG ひとつはこの温湿度計。何度もここで書いているが、私の教授室はなぜか暑い。研究室全体はそれほどではないのだが、教授室は暑い。「暑苦しい教授がおるからや」とかいうありがちな軽口はまぁ置いといて、、とにかく暑い。そのうえ冬場は乾燥する。おかげで何かを触るたびに、バチバチと静電気が発生して不愉快この上ない。
 そこで、夏から秋にかけて、いったい教授室の室温はどれくらいなのか、冬場の湿度はどれくらいなのかを知りたくなった。だけど仰々しい温湿度計は趣味に合わんし、置くスペースもない。コンパクトでシンプルなのが欲しいなーと思っていたら、ぴったりのがあったので迷わず購入。790円也。

 それから、文庫本カバー。これも何度もここで書いているが、私は基本的に文庫本を読む。文庫本には文庫本カバーをするのも基本である。これまで普通は本屋さんで提供してくれる紙製のカバーを使っていたが、なんだかもうちょっと「文庫本やけど大事にしてまっせ」的なカバーが欲しくなった。
IMG_1529.JPG これまでに買った専用文庫本カバー。左端のは、大学近くの本屋さんで購入した。キャンバス地でしっかりとした作りはいいけれど、しっかりしすぎていて厚みのある縫製部分が当たって、カバーのくせに本が傷むという欠点がある。それに存在感がありすぎて(ゴテゴテしてる)ページをめくりにくい。真ん中のは、アマゾンで買った。ユーザーレビューの評判も上々で、かなりすっきりしていて使いやすいけれど、やっぱりステッチ部分の厚みが気になるのと、ビニールの質感がちょっと良くない。そこで、右端の無印良品製のブックカバーだ。これはジーンズの腰の部分にあるタグ(エンブレム?)に使う丈夫な紙を素材に使っている。これが、ムチャクチャいい。適度に丈夫で薄いし、何よりも触感が良くてページを捲るのが楽しくなる。んで、安い。315円也。

 そういえば、我が家のリビングにぴったり合うサイズのソファも無印良品製だった。なかなかやるな、無印良品。

 甥が勤めているのに、いままであんまり知らんかった。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:17| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]