2012年03月08日

iPad の重量

 新型 iPad が発表された。それから、iOS5.1 に Siri の日本語版も実装されたようだ。Siri とは音声認識機能を備えた人工知能の一種で、操作者の音声に反応して、iPhone の操作のアシスタントをしてくれる機能である。巷では、Siri に向かって「愛してる」と云ってみたり、自分のことを「ご主人様」と呼ばせたり、無理難題をふっかけたりする iPhone ユーザーが続出しているようだ。大阪では、濃い大阪弁で Siri に話しかけている奴もきっと居る。Siri が理解できないと「なんや、大阪弁もわからんのか。あかんがな。役に立たんな、Siri は、、」とか云ってる奴が、きっといるに違いない。

 ところで今回の iPad。このブログでは何度も書いているが、私は自他ともに認めるアップルのイヌである。新製品が出ると、そわそわして居ても立ってもいられなくなるタイプだ。現行の小型軽量の MacBook Air は、その登場を10年ほど待ち続けて、発表されたと同時に注文した。iPhone は必ずソフトバンクから発売されると、Vodafone 以前の時代からサービスの決して良くない通信事業者を変えずに頑張ったりした。

 そして iPad の三代目が発表された。初代 iPad が発表されたとき、私は「iPad は買いません」と宣言した(こことかここをみてちょ)。そして二代目もやりすごし、さらにこの三代目、、、、どうしようかとちょっと考えてみた。

 私が iPad を買わなかった理由はいろいろあるが、日本国内での電子書籍事情が落ち着いて、Keynote と iPad の組み合わせによるプレゼンテーションの使い勝手が MacBook のそれと変わらないようになれば、買ってもいいと思っている。他にも、文字入力がキーボードに比べるとやはり面倒とかいうこともあるが、それはそういう使い方はそもそも iPad の設計思想では重要視されていないので横に置く。しかし残念ながら電子書籍も普及していないし、まだ iPad によるプレゼンテーションも学会などでは一般化していない。ということで、やっぱり購入意欲はイマイチわかない。

 ただもうひとつ、学会で重い抄録冊子を持たずに、その代わりに抄録の PDFファイルを格納した iPad をもって会場を颯爽と歩きたい、という欲望が出てきた。同業者の方ならよくご存知のように、学会の抄録集は重い。分子生物学会や生化学会の抄録集など分冊されて配布されるが、その全てを持って会場を歩くのは(ウェイトトレーニングが趣味のような人以外は)絶対イヤだ。これを iPad に代えることができるのなら、それはそれでかなりのメリットになる。iPad の重量は 650-660 g ほどである。分子生物学会などの抄録は 1 kg を越える。これはいいかも、、、、、

 そう思って、私の主戦場である細菌学会総会の抄録集の重さを量ってみたら、680 g だった、、、。

 うぅむ、。微妙、、。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:44| Comment(1) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
買う
Posted by なかのとおる at 2012年03月08日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]