2012年02月03日

アベッチグループと情報交換

 昨日の木曜日、北里大生命研の盟友あべっちと、彼の研究室の若頭のくわエッチが東京から研究室にやってきた。われわれとの共同研究を含む相互の研究の情報交換会のためである。

 あいにく、この日の大雪の余波で関ヶ原あたりで新幹線が徐行したために、彼らは予定よりも1時間遅れて研究室に到着した。一緒にお昼ご飯を食べて、午後2時からミーティングを始めることになった。まずはアベッチとくわエッチがそれぞれ30分程度で仕事の状況を語り、当方はシショー、かみちゃん、トッシーがそれぞれの進捗を報告した。

 あべっちの研究室と私の研究室は、おなじボルデテラ属細菌を主要研究テーマにしている。独立した別の研究室で研究テーマを同じくする関係や共同研究を結ぶ関係というのは世間にあまた存在すると思うが、私とアベッチの研究室の関係はそれとは少し違う。お互い長い付き合いである。ある研究室で出会ったのは間違いないが、研究をきっかけに知り合って交流をしているというよりも、友達が同じテーマで研究をしていた、というのに近い。だから私はアベッチとの関係で研究の利害を考えたことはないし、こっちの研究でわかったことは何でも知らせる。こっちで作製した材料も共通に使ってもらって構わないと思っている。こちらもいろいろと教えてもらっている。

CIMG2651-2012-02-3-23-14.JPG そんなことであるからして、この日のミーティングもざっくばらんなムードで終始して、有意義な時間を過ごさせていただいた。少し早めに終わって大阪市内案内をする予定だったのだが、ミーティングは大幅に遅れて午後6時半頃に終了した。そのあと、あべっち、くわえっちと私の三人で、お招きいただいていた吉森先生の研究室を訪問した。以前の微研にあった教授室からさらに洗練された医学部の吉森先生の新教授室でテキーラをいただいて、それから調子に乗って南森町へ出かけ、夜遅くに名店「よしむら」へと繰り出した。

 んで、吉森先生を交えた4人で最高の酒肴をいただきながら、「よしむら」ご夫婦も入って6人でアホ話をしていたら午前1時になっていることに気がついて、あわててこの日の会をおひらきにした。

 よしむらさん、長居してえらいすんませんでした。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく






posted by Yas at 23:14| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]