2011年12月27日

日本酒系ガールズ居酒屋と呼ぶ人もいる

 大阪市内、本町に「かんのみほ」という飲み屋さんがある。「菅野美穂」ではなくて「燗の美穂」と書く。先日、ある先生の慰労会を兼ねた忘年会のあと、毎度お馴染み、飲み屋巡りの達人であるメカダ先生に連れられて、この店に初めて立ち寄った。

 このお店は、日本酒好きのあいだでは知る人ぞ知る名店とのこと。「日本酒のお店です」と看板に掲げられているが、そのイメージに反して若い女性が二人で切り盛りされている。取り揃えられた日本酒は、名店「よしむら」や「かむなび」と同様にマニアックなものが豊富に並んでいて、大手酒造会社のものはない。ペンキ塗りされたチープな(すまん)木片をタイルのように貼って飾られた壁を背に、これまた無造作に作り付けられたカウンターの内側で肴を作っている女性が店主だと思う。名前は美穂さんかも知れない、、。んで、燗の美穂か、、、とか想像しながら、いただくおつまみは極上だ。もう一人のお酒を準備してくれる人も女性らしい物腰と話し振りで、なかなかオッサンがホッとする雰囲気を醸し出している。

 この日は、メカダ先生と二人で燗を4−5合ほど楽しんだ(と思う)。肴は、むかご、焼きウニ、漬け物、クワイなど、、。喫茶店のあとに開店されたらしい洋風の内装に似合わぬ、純和風オッサン垂涎の居酒屋である。見回すと確かに、メカダ先生や私のようなオッサン客が多数いらっしゃる。BGM には新旧取り混ぜられたいわゆる J-POP のカバー曲が流れる。んで、曲が変わる度に「これ、誰が歌ってるんや?」と気になって仕方ない。カウンターにいる、推定「美穂」さんに尋ねると、お気に入りの CD の曲を店の BGM 用に順番を替えて流しているそうだ。なかなか、意表をつかれる選曲だが気持ちいい。ここでは、いつもこんな感じの曲が流れているらしい。

 美味しい酒肴と、女性スタッフの優しい雰囲気と、ちょっとそこらでは聴けない BGM と。

 本町の「燗の美穂」  なかなかよろしい。さすが、メカダ先生、、。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックグッド(上向き矢印)をよろしく


posted by Yas at 22:26| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]