2008年01月16日

Something in the air ?


 いつぞやのエントリ で書いたとおり、薄型ノートブックMac(MacBook Air)が発表された。

 Macworld Expoで基調講演(去年はこのときに iPhone が発表された)したApple社CEOのスティーブジョブスさんは得意満面だ。だが、超軽量コンパクトでは類を見ない Let's Note をよく知っている日本人としてはどうよ?

 光学式ドライブ非搭載で 1.36 kg は超軽量といえるか? 例えば以前のPowerBook G4 "12 から光学式ドライブを除けば、それだけで1.5~6 kg くらいにはなっていたんじゃないか? その後の技術革新を考えると、1.36 kg というのは評価に値するのか? 世界最薄というが、私は少なくとも封筒に入るほどのMacBook Air の薄さをというのに魅力を感じない。たとえ厚さが2 cm 以上あってもカバンに入れるのに不自由はないのだ。それよりも 100 ~ 200 g さらに軽い方が嬉しい。バッテリー駆動 5 時間というのも微妙、、。設定価格も安くはない。

 ん〜、、アップルならもうちょっと頑張って欲しかったが、、なんせ Mac OS で起動する最軽量のコンピュータであることは間違いない、、。そのうち買うかも、、。

posted by Yas at 22:38| Comment(0) | コンピュータ & ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]