2011年01月06日

睡眠時間を考えた


 このごろちょっと眠れない。

 そもそも私は、1日に8時間くらい眠らないと昼間の活動が極端に鈍くなるタイプだ。Wikipedia によると人間の平均睡眠時間は7時間で、それより睡眠時間の短い人をショートスリーパー、長い人をロングスリーパーと呼ぶらしい。それなら私はロングスリーパーということになる。

 最近、仕事が詰まってしまうことが多いので、朝早くから仕事を始めたい。けど就寝時間を早くするのは難しい。だから睡眠時間を短くして早く目覚めるようにしたい。ロングスリーパーからショートスリーパーへの転向だ。そんなことを考えて、ペースを乱してしまったのが眠れなくなった原因のように思う。

 夜、寝具に入って目を閉じても眠れない。安らかに眠れそうな体勢を探して何度も寝返りをうつ。深呼吸する。数を数える。うーむ、どうすれば眠れるだろうか?と、上手く眠れる方法を色々と考えているうちに頭が冴えてさらに眠れなくなる。なんとか眠れても、何度も何度も色んな夢を見たりして、われながら眠りの浅いことこの上ない。朝になってふにゃふにゃと目覚めて仕事に向かうと昼過ぎに居眠りしてしまう。最悪だ。

 夜に眠っている様子がない野口英世博士のことを、周囲は「人間ダイナモ」と呼んだらしい。、、、、私も「人間ダイナモ」と呼ばれてピシパシ仕事がしたい(ほんとか?)。と考えてさっきの Wikipedia をもう一度読むとこうあった。

「後天的に睡眠時間を縮めてコンディションを維持することについて、多くの睡眠専門医は不可能だと述べている。」

、、、、、もう寝よっと。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 22:33| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]