2007年12月21日

年末ムード


 昨日は今年最後の東京出張。そのあと小安先生、富田さんと東京駅周辺で「プチ忘年会」と称してビールで乾杯。今年最後のくだを巻く。小安先生、、、富田さんと私のおバカ飲み会に付き合ってくださってありがとうございます。帰りに、冬至のゆず湯用のゆずをお店からプレゼントされて否が応でも年末ムードが盛り上がる。

 この東京出張の行き帰りで塩野七生著「ローマ人の物語17・悪名高き皇帝たち(1)」を読了。あんまり時間がとれないながら、チマチマとようやくここまで読めた。2代目皇帝のティベリウスがローマを引き払って別荘地から執政する、という話。この続きを読むのは来年に持ち越されそう。ローマ帝国の歴史は長いのだ、、2年越しでもそれだけで歴史を俯瞰できるのはありがたい。

 今日の昼に、2年ほど前に基礎配で研究室で実験してくれた草壁くんと、今年の基礎配学生だったサトちゃんが遊びに来てくれた。「ここでちゃんと基礎配の実験をさせてもらえて良かったと思いました」と草壁くん。来春からは医者として広島方面の病院に着任する予定とか、、。話は最近の不真面目な医学部の学生のことに及ぶ。いや、でも君らのようにマジメなやつが分子細菌学分野を選んで勉強しにきてくれるので我々は絶望せずにすんでいるのだよ、、。来年は基礎配学生が来るだろうか?

 今年は、やらねばならぬ事はだいたい終えた。久しぶりに追われるようなことのない年末を送れるか、、と思ったのもつかの間、やっぱりそんなにアマくはない、今朝から郵便と電話で3種類の仕事が一度にやってきた。来年は依頼された仕事でもお断りできるモノはお断りして、もう少し自分のサイエンスに時間をかけたい、、と静かに一人で力むのであった。

posted by Yas at 22:05| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]