2007年11月12日

Scientific papers


 先日に採択通知が届いた論文の、 Copyright transfer の書類にサインをして送信する。
研究室自前の論文としては今年は4報目に当たる。全てが会心の作というわけではないが、仕事に苦しみながら眠れぬ夜を過ごして、ついに年間発表論文ゼロだった数年前に比べれば少しは立ち直ってきた、と考えるべきかもしれない。

 その採択通知が届いたのと同じ日に、編集員をつとめている雑誌への投稿論文の編集依頼が来た。同じ雑誌に投稿された別の論文の審査結果もファックスで届いて、採択・否採択の決定を求められる。んでもって、これも先週のこと、別の雑誌社から投稿論文の審査を依頼される。それに加えて、これも先週のこと、出版社が変わって新たに再スタートする雑誌の編集員の就任を要請される。

 自分の仕事が、科学論文を取り巻くコミュニティーの上で成り立っているのを否が応でも感じさせられる、そんな今日この頃であった。


posted by Yas at 23:10| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]