2007年07月17日

新潟県中越沖地震


 休日出勤で雑用を片付けていた昨日の午前中、僅かな揺れを感じた。「地震かぁ?」と思ったが、あいにく教授室には何かから吊り下がっているような、揺れを確認できるようなモノがない。「疲れてるんかも知れん」と心中思いながらそのまま仕事を続けた。この日、新潟中越沖地震が起こっていて、同時に関西でも揺れが観測されていたのを知ったのは午後に帰宅してからのことである。

 阪神大震災を、私自身の被害は軽微ではあったものの、経験した身にとって、地震被害はやはり人ごとではない。被災者の方々の心労は(私なりに)ある程度想像ができる。大変つらい思いをされていることだと思う。これから夏に向かうという季節であったことは、先の中越地震のことを考えるとまだわずかな救いであったかも知れない。遠い大阪にあって出来ることはほとんど無い。みなさん頑張ってください、と願うばかりである。阪神大震災の直後、「同規模の地震が関東で起きたときはどうなるか?」というシミュレーションを繰り返す関東キー局のTV放送に強い憤りを覚えたのを思い出した。しかし、心情的には「人ごとではない」と感じても、物理的に当事者には勿論なれない。ただ、とってつけたようなコメントはするべきではない、というか、そんなものは場違い以外の何ものでもない。

 それで、、、あるTV報道番組。
 政治事件でも、収賄事件でも、殺人事件でも、なんにつけ「人間の心の闇」とか「社会のひずみ」というコメントで締めくくるニュースキャスターがいる。今回の地震被害でも、彼が同様のコメントをしているのを聞いた。このニュースでそのコメントは違うだろう、という感想もある。、が、それよりも何よりも、私はこういう思考停止を誘うセリフが大嫌いである。

posted by Yas at 22:50| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]