2010年09月27日

お願い

 今日は1週間の休暇を終えてトッシーがラボに顔を出してきた。石垣島に行ってきたらしい。「お、尖閣諸島に日の丸でも立ててきたのか?」と思ったらそうではなくて、シュノーケリングで南海の珊瑚礁を楽しんできたらしい。なんじゃ、つまらん。

、、、、、 やめようやめようやめよう、と思ってたけどやっぱり書くことにした。今回の尖閣諸島問題での民主党政権の対応だ。海上保安庁の巡視船に体当たりしたとして逮捕した中国漁船船長を「那覇地検」が独自の政治判断(?)で釈放し、政府は「検察の判断を尊重する」としてこれを追認した。その間、中国側は日本に対して常軌を逸した対応策をとってきたのは周知の通り。

 どのみち中国人船長は釈放しなければならないのは誰しも思うところだったろう。だが、いつどんなやり方で釈放するのかという手札は完全に日本側にあったのに、あっさりそれを放棄した*。挙げ句に政府の関与はなく、「検察の判断を了とする」という。しかも、「尖閣諸島は日米安保の適用範囲内」との確認を米国から得た直後の釈放だ。この主体性のなさはどうだ?

 文句を書き出すと際限が無くなるし、どんどん過激になるかも知れんのでやめるが、、、この一連の出来事の中で、民主党政府は一度も今回の事件についての意志や姿勢を具体的に表明していない。色々とあるがこのことが最も許せない。民主党は国家の主権や尊厳を堅持する気概がないのなら、政権を返上するべきだ。頼むから返上してくれ。返上しろ、、、、、、。

*今日のニュースでは「交渉に際してのボールは中国にすでにお渡しした」と仙谷官房長官が宣ったそうだ。ホントにそう思っているのなら天真爛漫すぎる。邦人4名が中国で拘束されているなか、二国間でアクションがなくて困るのは日本の方ではないか。


posted by Yas at 23:45| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]