2010年09月20日

いつでもどこでも好きなだけ、、

 先週土曜日は午後4時前まで仕事した。アヤッチの今年一つ目の論文がアクセプトされそうなので、この日のうちに彼女と相談して改訂し、エディターへの返事メールを付けて返信してもらった。うまくいきますように。

 この日は自転車通勤していたので、仕事のあとはポタリングだ。先週プロントがパンクして(以前の Tikit と同じくまたもや内側に穴があいた)、チューブごと取り替えたので新しいチューブが欲しい。それからハンドルバーテープも破れてきたので新しくしたい。というので、吹田キャンパスを南下してカンザキ千里山店に向かう。もし欲しいパーツが無くてもそのまま西に向かえばシルベストサイクル豊中店があるので大丈夫だ。むふふ、われながら完璧な計画、、。

 カンザキ千里山店は初めて行く。店内は、完成車が多く陳列されているが、パーツは少なめ。でもやたらBianchiの純正パーツが充実していた。私のプロント君は Bianchi 製なので、迷うことなく純正のハンドルバーテープを選んだ。いままで Bianchi 特有のチェレステブルー(浅い緑色)だったので、今回は白色にした。チューブもちょうどのサイズのモノがあったので購入。店員さんの接客もなかなかよろし。また、お世話になるかもしれませんこれからもよろしく、と心の中でつぶやきながら店をあとにする。

 それから、服部緑地内をぐるっと一回りしてから伊丹に帰った。たぶん、朝からの出勤往路を入れて50 km くらいの走行距離か、、。

 日曜日は例の「家族みんなをポタリングに巻き込む大作戦」の一環で、神戸市北部、箕谷ー押部谷あたりを走る「神出山田自転車道」にポタリングに行った。この自転車道には衝原(つくはら)というところにサイクリングターミナルがあって自転車を貸してくれる。家内とムスメ用にママチャリを借りて、、私は Tikit で出発した。サイクリングターミナルから 5 km ほどは、つくはら湖という湖の周囲をたどる。快適なのはここまで、、そのあとは階段はあるわ、レンタルされるママチャリには似合わぬ長い坂道はあるわ、舗装は悪いわ、、、。私の中ではかなりダメダメな自転車道だった。そもそも、階段が途中にあるコースを「自転車道」と名付けるセンスがわからない。
 それと、自転車道というものと、私のポタリング精神はどうも合っていないようだ。「いつでもどこでも好きなだけ」というのが私のポタリングの精神だ。でも自転車道というのは「このコースを走りなさい」とばかり、看板が行く手を指定する。決まったコースを行くんじゃ、遊園地のアトラクションと大差ない。

 自転車は交通手段だ。「いつでもどこでも好きなだけ」走ることができて、しかも A 地点から B 地点へと移動することのできる交通手段だ。ぐるっと一回りするようなサイクリングコースを走っていてはつまらない。、、と思い直して、かねてから計画している「東海道自転車走破」のことを考えた。、、もともと50歳になった去年、記念に走るはずだったのだけれどできなかったのだ、、。

 今年は決行するか、、。考えちう、の私である。

posted by Yas at 19:31| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]