2010年09月11日

言い訳だらけの AIFII 回想

 関係のブログ(あっちとかこっちとか)をご覧の方は、よくご存知のとおり、今週の7日から10日まで、あわじしま感染症・免疫フォーラム(Awaji International Forum on Infection and Immunity, AIFII)が開催された。ご存知どころか、参加された方もたくさんいらっしゃることと思う。

 それで私は疲れている。そもそも今年に入ってからずっと2週間おきくらいで講演や学会や講義で出張が続き、その合間になんやらの原稿とか、ふにゃららの編集とかをこなす毎日が8ヶ月も続いたのだ。んで、今年初めてプログラムをノーチェックのまま学会初日になってしまい、、、つまり気分が「あわじ」にならないまま AIFII に突入した。
 だいたい、日本語の学会での集中度を「1」とすると、AIFII のような英語講演が続く学会では「1.2-1.3」くらいまで集中度を高めないと講演を楽しめない。それが今年はあかんかった。集中度で言うと「0.7-0.8」くらい。これではダメだ。二日目にはすぐに慶応大の小安先生に「今年はなんだ〜? ホリグチ、ぜんぜん発言もないし、居るのか居ないのかわからんな〜」と気合いのなさを見破られた。いやすいません、ほんとすいません、でも気合いの入らんまま学会に突入すると、だいたいダメ、、、。3日目の最後のセッションあたりから最後まではなんとかフォローしたが、アタマが働いていないのが自分でもわかって全然アカンかった。

 そのかわり(と言ったら絶対怒られるが、、、)、「飲み」はムチャクチャだった。飲み助の知り合い達に私のルームナンバーを知られたのが(知らせた、という考え方もあるが)運の尽きで、毎晩私の部屋が飲み会の会場になってしまった。、、、飲んで喋ってまた疲れて、、翌朝、目が覚めると、ワインと焼酎のボトルやビール缶が部屋に散乱している、という3泊4日になった。、、学会終了後、阿部・桑江の北里グループとミムミムとトッシーとで私の車であわじ夢舞台国際会議場を去り、北里グループは千里中央で下車。ミムミムは「改修後のラボを見たい」と、ラボまで付き合ってくれた。お礼に大学近くにある「鶴橋/風月」のモダン焼きとオムそばをご馳走して新大阪まで送る。、

 それで私は疲れている。、、、、すまんこって、、、来週からまた頑張ります。


posted by Yas at 19:05| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]