2010年08月05日

レビューシステムはやっぱり崩壊している

 先日、アヤッチの論文のレビューコメントが帰ってきた。彼女が対応を決め、カバーレターを書いた上で私に相談にきた。いつもの手順だ。

 しかし、その返ってきたというコメントを見て、わたしゃ腰を抜かした。目が飛び出た。アゴが外れた(は、ちょっとちがうか、、、)。とにかくびっくりしたのだ。


最初のコメント(日本語訳):
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 この論文は書き方が拙い。実験方法がわからない。私は方法を理解するのに、「結果」のセクションを見ながら「材料と方法」のセクションと図の説明(Legend)を見て理解しなければならなかった。著者は、「結果」のセクションにも「方法」の情報を書くべきである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 あほな。「要約」「導入」「材料と方法」「結果」「考察」を分けて書くのが科学論文だ。こいつ、あんまり論文を読んでないんちゃうか? というか、科学論文の書き方を知ってるのか?

もう1人のレビューアは最初に書いてくれている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 論文は上手く構成され、コンサイスでよく書けている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 アヤッチの名誉のために言っておく。念のため読み直してみたが、結果からどんな実験をやったのかは理解でき、そこから具体的な実験方法に「材料と方法」のセクションでちゃんとたどることができる。複雑な実験をわかりやすく書いていると思う。普通の論文だ。私の指導であやっちが書いたものだが、私は学生時代からこの書き方で、こんなコメントをもらったことは一度もない。

 みなさん。普通に論文書いて、こんなコメントが来たら、どう回答します? というか、こんなコメントに回答するのも馬鹿くさい。あぁっ、、情けない。

 んで、アヤッチと相談して書いた回答(日本語訳、括弧内は行間に込めた気持ち)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
科学論文というのは「要約」「導入」「材料と方法」「結果」「考察」を分けて書くものだ(それぐらい知っとけっ。ボケッ)。レビューアはそれぞれを並行して読んだというが、しっかりと内容を理解しようとすれば、「結果」や「方法」のセクションや図のLegendを並行して読むのは科学論文の普通の読み方だ(論文読んだことあんのか? あ〜?)。実験方法を「結果」のセクションに書けと言うコメントだが、そんなことをすると論文が冗長になってしまう(んなアホなことできるかっ、たわけっ)。このレビューアのコメントは我々を当惑させている。我々はこのコメントには対応しない。第三者の判断を求める(だらぁっ! 未熟者めっ! もっと勉強せぇ、カスっ!)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この話は次回に続くかも、、


posted by Yas at 21:50| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]