2010年01月31日

鳩山さんと iPad

 鳩山さんの基調講演、じゃない施政方針演説の全文を新聞で読んだ。、、あ、ちがう。施政方針演説の全文記事を途中まで読んだ。途中で飽きて読むのをやめたのだ。あまりに概念的すぎて、げんなりした。
 私自身のこれまでの人生のなか、私を指導する立場の上司や先輩やらで、困ったというか、イヤだった人達に共通していたのは、「言うことに具体性がない」ということだった。鳩山さんの施政方針演説を読んで、そのときのいやな気持ちがよみがえった。こちらは切羽詰まっていたりして具体的な答えやアドバイスが欲しいのに、そういうヒトは、うだうだと誰も反対し得ない抽象的なことしか言わない。部下とか指導を受ける立場の人間にとっては時間の無駄でしかない。(実際、私はあるヒトとの1対1のディスカッションの時に、具体性のない一般論をウダウダとしゃべり出したそのヒトを放ったらかして、途中で席を外して帰ったことがある)。首相の施政方針演説でその時のことがフラッシュバック。鳩山さんはイタイと思う。少なくとも私にとって、,。

 iPad。世間では「iPod touch の大きい奴じゃん」と批判の声もあるらしい。そうか? iPad の大きい奴で良いじゃん。iPad はいわゆるこれまでのPCではない。既存のどんな物にも属さない新しいデバイスだ。だから、MacBook の延長線上で考えてはいけない。電子書籍の購入・閲覧とインターネットブラウズおよび個人情報管理に特化した新しいデバイスだと思う。以前、iPod が世に出たときも世間の反応は批判的だった。いまさら音楽メモリーデバイスを作ってどうすんの?と。でも、iTunes の充実がそんな批判を蹴散らし、さらにその後の iPhone や iPod touch と App Store の展開で圧倒的な支持を得たのは周知の事実だ。iPad の成功は電子書籍販売(iBooks やっけ?)がどれだけ充実するのかにかかっているね。 あ、オレは興味ないです。いまのところ。
 Macintosh も iPhone も、「こんなもんが欲しい」と思っていた私の目の前に「そんなもん」があらわれたので、めちゃ感動して喜んでアップルのイヌになった。でも今回の iPad はピンと来ない。コンセプトと狙いは理解するけど、私の「こんなもんが欲しい」に iPad のコンセプトと重なるモノがない。iPad 用の iWork というのもよくわからんし。

 けどなー、安いしなー。自宅用にひとつくらいは、か、買っても、、ええかな、、。あ、それに、講演会場でやおら iPad を取り出してプレゼンするのもカッコイイかも、、、。

posted by Yas at 22:03| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]