2010年01月29日

峠にて

 本日、グローバルCOE・オルガネラネットワーク医学プログラムの担当講義が無事終了した。今年に入ってから「大変じゃ大変じゃ」と騒いでいた仕事も峠を越えた。来週のパリ出張を終えれば、また平穏な日々(でもないか)が取り戻せる。毎週毎週、別のところで別のテーマで講演をしていてなんか変な感じだったが、それもだいたいこれで終わり。

 今週はじめにサンゴウが修士論文を見せに来た。この添削に思ったよりも時間をかけてしまって、よけいに余裕がなくなった1週間だった。その修論の提出〆切日も今日だった。サンゴウも大変だったろうが、まぁ間に合ってよかったね。一時はどうなるかと思ったけど、,。そうやね。ホリプレが一段落したら「ホリグチ流・論文の書き方」も書いてみるかな、、、

 講義が終わってラボに帰ってくると、生田研のホンダ君が「今日で微研を離れるので」と挨拶に来ていた。東大医科研の甲斐先生の研究室に移るらしい。

IMG_0495.JPG

 本田武司先生のご子息である。ということで生粋の大阪人だ。んで、東京で務めることにビビっている。医科研の皆さ〜ん。こんなオトコを見たら、ちゅうぃ、いやいや声をかけてやってください。ちょっとノリが変ですけど、いい奴だと思いま、いやいやいい奴で〜す。


 よろすく。

 
posted by Yas at 22:13| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]