2009年12月02日

事業仕分けのことで、ごめんなすっておくんなせぃ

 事業仕分けの影響で、研究者の世界ではまだまだ混乱が続いている。学会や大学や個々の予算プロジェクトや大学部局など、様々な研究者コミュニティーでそれぞれの事業仕分けに対して意見書を文科省に提出しましょうという呼びかけが飛び交っている。まさしく、「飛び交っている」だ。なかには、半ば強制的に意見書の提出を要求するような内容のメールもある。GXロケットやスパコン開発予算の廃止・凍結という衝撃からか、科学技術予算の見直しや縮減という事業仕分けの結論に対する研究界からの過剰な反応が目立つ。

 しかし、事業仕分けの様子をよく聞けばわかるのだが、(もちろん例外はあるが)事業仕分けでは、それぞれの科学技術を否定するような議論はされていない。縮減や見直しという結論に到った理由にはいくつかあって、プロジェクトの意義やその予算規模の適正性を事業担当側が充分説明できなかったり、意義は認められるものの執行方法が拙くて費用対効果が薄いと判断されたり、重複や細分化が甚だしいなど予算配分の方法が問題であったり、そもそもの省庁縦割りの予算立てが無駄と判断されたりなどで、予算措置の本来の目的が否定されて縮減や見直しの結論になった事業は(科学分野では)それほど多くない。(なかには感染症の議論のように、仕分け側の誤解が多分に入っていると思われる議論があったとしても)
 例の蓮舫さんの「なぜ、1位なのですか? 2位ではだめなんでしょうか?」という発言に対しても、研究者たちは「全く科学というモノをわかっていない」と目くじらを立てる。TVニュースで流された部分だけを見ると、蓮舫さんは科学がわかってない風に見えるが、前後の文脈を知ると、あのセリフは、世界1位でなくてはならないからスパコンに700億円を支出する(事実はもっと低額なようだが)という文科省の主張に対して、そのコストパフォーマンスの良否や世界1位になることを失敗したときのセーフティーネットを想起した質問であることがわかる。政治家としては誠に真っ当な視点だと思う。国内の科学・技術の育成は否定されていないのだ。

 こうした議論に対して、研究者の世界のヒステリックな反応はどうだ? われわれ研究者は知性的に物事を考えることができるはずなのではなかったのか? もうちょっと客観的なスタンスに立ってはどうか? 科学技術は大切だから今まで通り予算をよこせ、というのでは既得権益を守るために第三者にはわかりにくい正当性を声高にただひたすら主張するようなどこかの業界と同じだ。

 現行のプロジェクトの予算が縮減されたり見送られたりすれば、たちまち生活に困る研究者は確かにいると思う。生活権を脅かされるような動きに対しては、自分を守るためにはっきり主張することは必要だが、一方でいま動いている予算は、すべて当初の目的にかなって執行され、本当に効果を上げているのか? 予算獲得のためだけの本末転倒のプロジェクトを提案してしまって身動きが取れなくなっているようなことはないのか? 立ち止まって考えてはどうか。

 たいした予算も取ってませんけど、、すいませんけど、私はそう思う。

posted by Yas at 22:50| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]