2006年12月14日

リラックスさせてね

 朝からちょっと細かい数字を見てモノを考えることがあり、さらに午後から表計算ソフト上で多くの項目をひとつずつ数えて数字化するという作業をした。そしたら、、もう、、だめ! 目が疲れて回復しない。ディスプレイを見ると吐き気がするところまで来てしまった。こうなると全く仕事ができなくなる。今はたいがいどんなことであれコンピュータを通じて仕事をするような仕組みになっているのでこれは痛い。いっぱいすることがあるのに、、。

 んで、こんなときに教授職って気分転換をする方法がないんですよ。どこにも行くところがないし、、、ただ部員室か教授室でコーヒーでも飲みながら回復を待つしかない。私はコーヒーを飲みながら仕事をするタチなので、お腹の中はコーヒーでタプンタプンになるし。ちょっと音楽を聴いてリラックスしようとするのだけど、リラックスしようと集中しすぎてリラックスできん! うぅ〜、苦しい。でもこの姿をハタから見ると、音楽を聴いてダラダラしている教授の姿にしか見えないのがつらい。違いますよ〜、、。い、いま私はリラックスしようと必死で戦ってるのよ〜。わかって〜。

posted by Yas at 17:14| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]