2006年12月02日

しっどーりょく!

 何じゃかんじゃでもう12月。この季節、私にとってはラグビーの季節であり、アメリカンフットボールの季節である。一昔前に比べてテレビの試合中継がかなり少なくなったのでストレスが溜まるが、私はこの時期、テレビの中で展開されるラグビーのドライビングモールに手に汗握り、アメリカンフットボールでのQBサックにガッツポーズをする。今期の注目はラグビーの清宮監督率いるサントリーサンゴリアスである。清宮監督は昨期まで早稲田大学ラグビー部の監督を務め、圧倒的な常勝チームを作り上げた。今期はプロ契約でサントリーの監督となり、昨期6位だったチームを前半戦首位で折り返すまでにした。指導者として見事というほかない。後半戦、このまま優勝を勝ち取ることが出来るのか、要注目である。

 実は、清宮監督のような名伯楽と呼ばれる人たちに以前から興味があった。例えば野球の野村監督。弱小球団であったヤクルトを優勝に導いた(阪神では失敗したが)。女子マラソンの小出監督。有森裕子選手や高橋尚子選手を育て、千葉真子選手に笑顔を取り戻させた名監督である(なんで女子マラソン選手ばかりで男子マラソン選手を育てられないのか不思議。なんか教え方が違うのだろうか?)。バレーボールの柳本監督。先代までの監督の方々の努力もあるにせよ、柳本監督になってからの女子バレーはさらに強くなったのは認める(ただ、この時期、バックについてるテレビ局がなぁ〜、、)。

 このような人たちの優れた指導力にあやかりたいと願うくらい、実は私は指導力に自信がない。だいたい貫禄がない。重みがない。細かいことを云われるのが嫌いだったから細かいことを云うのも好きではない。いわれるのが嫌いであったから、学生時代は自分でいろいろ考えて勝手にやってきた(これは、勝手にやらせてくれた恩師の小崎俊司先生の懐の深さがあって初めて出来たことであると感謝している)。だから、キミも自分で考えてよ、、と初心者の学生に対しても思ってしまう。幸い、今の研究室はスタッフのマミちゃんやカミちゃんが指導者として素晴らしい力を発揮してくれているので何とかイケているようだ。研究室の運営における教授の役割について、いろいろと思いめぐらせる毎日である。ごちゃごちゃ考えてんと、研究費とって研究室の宣伝活動しとけっ!、とマミカミの声が聞こえてきそうである。はい、頑張ります。

 ところで、ハナシは戻るがもう12月。思い起こせば去年の今頃はもう研究室の忘年会をやっていた。この一年、マミカミ(漫才コンビか!?、双子(マナカナ)か!?)のおかげで研究室はようやく上げ潮に乗りそうである。今年も残すところ1ヶ月。頑張っていきまっしょい。
posted by Yas at 22:49| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]