2009年11月23日

「見てくれスライド論5 ー余白を憎め!2ー」ホリプレ18

 さて縦横比が 3:4 のスライドには、構成するパーツの縦横比も 3:4 や 3:2 にして配置しようという話をしたが、パーツを配置するのにも 3:4 の比を頭に入れておくとよい。

 前回に例に使ったスライド、
How to present.037-001.jpg
 実はこのスライドはパーツの配置の工夫だけで余白を少なくすることができる。このパーツの配置をよく見てみると、



How to present.040.jpg


 こんな配置になっていることがわかる。配置の全体構成が方形になっていないので、そもそも余白ができてしまう配置であることがわかる。
 そこで、パーツの中身を変えず配置だけを 3:4 の縦横比の四角形内に納まるようにになるように変えてみるとこうなる。

How to present.041.jpg
 
 パーツはまとまったが、余白の広さは以前と変わらない。それで、縦横比 3:4 の四角形内(緑色の部分)で、配置を調整しながら各パーツを限界まで大きくする。さらにもとの緑色の四角形部分全体も拡大する。するとこのようになる。
How to present.042.jpg



 これで、余白の少ない、パーツのほどよい大きさのスライドが完成する。





 余白を憎んで、3:4 の縦横比を頭に入れておくだけで、それなりに見やすいスライドはこんな風に簡単に作成することができる。


posted by Yas at 20:21| Comment(0) | ホリプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]