2006年11月30日

夕鶴とウルトラマン


 昨日の講演会、とりあえず大過なくすごせてホッとした。そのあと有志の方々と食事に行く。ご挨拶させていただいたある部署の部長さんは何と私と同じ小中学校の先輩であった。しばしローカルな話題で盛り上がる。皆様のおかげで楽しくすごさせていただきました。ありがとうございました。

 んで、今日は予定の原稿をえいやっと仕上げる。案ずるより産むが易し。一挙に書き上げる。デキの善し悪しは〜、、、知らん。明日はもうひとつの原稿をまたえいやっと書き上げるつもり、、。それでやっと論文のリバイスにかかることができる、、はず。

 木下順二さんと実相寺昭雄さん死去。木下順二さんの「夕鶴」は多分小学校の時の音楽の授業時間に知った。それから何年か経って、映画「つる」のヒロインを演じた吉永小百合さんのセリフ「見るなと言うたに、なぜ見た!」と言うセリフにしびれた。けど、あの映画では木下順二さんの脚本は使われなかったらしい。実相寺昭雄さんは何といってもウルトラマン。実相寺監督の演出では、カレーを食べていた主人公のハヤタが慌ててウルトラマンに変身するとき、変身に使うペンみたいなの(フラッシュビームとか云ったがよくわからない)と間違えてカレースプーンを天にかざすシーンが有名だ。これはリアルタイムで覚えている。名作と今では云われているが、子供心になんでそんな演出をしたのか全然意味がわからなかった。お二人のご冥福をお祈りいたします。
posted by Yas at 22:16| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]