2006年11月16日

「ぶれない」こと。

 西武の松阪選手、60億円でレッドソックスが交渉権を獲得。これから松阪との交渉が始まるが、契約金と年俸をあわせて総額100億円以上になるとかいう。おめでとうというのか、頑張ってねというのか、、。少し前の毎日新聞によると、根拠は書いてなかったように思うが一般にメジャーリーグの新人の評価は3から8までの6段階で評価され、松阪選手は平均よりすこしだけ上の6に評価されているとか。そんなはずはないやろ、。WBCで各国のメジャーリーガーを含む代表選手の誰が松阪を打ち込めたというのか。メジャーリーグのプライドが松阪を過小評価させているのではないか、と疑う。それよりも、もう日本人選手がメジャーリーグにいってもそんなに大騒ぎしなくていいんじゃないか? 思えば、野茂英雄選手がドジャースに入団したときは興奮した。初登板の前日に当時学生だったカシモトを連れて家電店に飛び込み、二人であーじゃこーじゃ言いながらBSアンテナとアンテナ線を買って、何とかして家のテレビで野茂選手の勇姿を見ようとしたものだった(結局、素人配線で受信には失敗したが)。Wikipediaによると、後にメジャーリーグでノーヒットノーランを二度も達成する野茂選手の初年度の年俸は980万円だった。

 イチローがマリナーズに入団したとき、守備は一級品だがパワーがないので打率は2割6分程度の選手になるだろうと言われていたのをよく覚えている。ありえない、と思った。イチローのいたオリックスは神戸を本拠地にしていたので、息子が小さい頃には何度も観戦に行った。その時の試合前のイチローの打撃練習は圧巻だった。ポンポンと簡単にスタンドに放り込んでいた。小柄な割に異常なほど打球が飛んでいた。だから思っていた。イチローは試合中は打球の方向と距離をコントロールしてバッティングをしているのだ。いわゆるホームランバッターではないが、パワーがないわけではないと。そのイチローの初ホームランは野茂選手から打ったものだった。

 イチローは、メジャーリーグを目指す松阪へのコメントを求められて言ったという。「練習してこい」と。メジャーリーグでの輝かしい実績にもぶれない、イチローの野球への真摯な姿勢がここにある。
posted by Yas at 23:00| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]