2009年10月19日

喪失

 先週土曜日に加藤和彦さんが亡くなった。

「帰ってきたヨッパライ」「イムジン河」「悲しくてやりきりれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」「家をつくるなら」「タイムマシンにお願い」

 アルバムでは「うたかたのオペラ」が好きだった。「天晴」っていうのもあったな。

 加藤和彦さんが亡くなったことで、小さい頃から好きだったリアルな曲が唐突に「遺された曲」になってしまった。この喪失感は何と言ったらいいのか、、。

 土曜日の午前中にニュースで訃報を知ったときは鳥肌が立った。

 何かに行き詰まって、何かに悩んでいたのだろう加藤さんに何か書きたかったけどダメ。

 あぁ、もうっ、、 喪失感だけが深い。

posted by Yas at 22:09| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]