2006年09月18日

自転車通勤


 仕事が全然終わらないので休日出勤した。土曜日の出張あけの昨日はさすがにへろへろだったのでゆっくり休ませていただいたが、残っている仕事量を考えると今日は休めない。台風の影響で強風吹き荒れる中を出勤。出発前に、自転車で行こうかと少し思ったがやめて正解だった。自転車でつらいのは坂道ではなく風である。坂道はいつか終わるが、風の強い日は坂道であろうと平道であろうと終日風に煽られる。

 5年ほど前から始めた自転車通勤だが、だいたい週一回以下のペースでしか実現していない。大阪近辺在住の方には実感してもらえると思うが、自宅の伊丹市からキャンパスのある吹田市まで、自動車なら国道171号線と中央環状線でほぼ一直線、15kmを20分程度で通勤することが出来る。一方、自転車なら切れ切れの旧街道(西国街道ね)をたどって、緩やかな上り坂でキャンパスまで1時間だ。心に余裕がないとなかなか自転車で行こうとは思わない。(つまり、いまは心に余裕がないということか)けれど、自転車で通勤する人をクルマから見かけるととってもうらやましい。ついつい、自転車野郎をながめてしまうのだがうらやましいと云うことばかりではない。

 実は、自転車通勤をするようになって、他人の自転車の乗り方が気になって仕方がないのだ。傘を差しながら、あるいは携帯メールをしながらというのは論外(むちゃくちゃ危ないからやめてよね)だが、空気圧の乏しいタイヤで乗ってる人、土踏まずでペダルを踏んでる人(ペダルは土踏まずより前側で踏みましょう)、サドルの高さが全然あってない人(たいてい低い)、が気になって仕方がない。大きなお世話ですいませんけど、ちょっとなおせばもっと自転車を楽しめるよ、と思う。それから、右側通行。なぜか自転車では右側通行に固執しているように見える人がとっても多い。どこかに「自転車は右側通行です」と間違った教えを一般市民に伝道している地下組織があるに違いない、と思うほどだ。みなさま、自転車は軽車両で、原則左側通行です。お間違えないように。以前、雨の夜間、無灯火で傘を差して携帯メールをしながら車道を右側通行している女子高生を見かけた。いくらジョシコーセーでも危ないからやめてね。

posted by Yas at 18:51| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]