2009年08月09日

恒例:分子細菌学たこ焼きパーティー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日頃「分子細菌学分野」をご愛顧いただいている皆様に、特別のお知らせ。

 来る8月7日(金曜日)の夕刻から、本館改修カウントダウン記念、「分子細菌学タコ焼きパーティー」を当研究室で開催いたします。そこで皆様方を、このタコ焼きパーティーに特別ご招待(といっても250-500円くらいの協賛金はちょうだい)したいと存じます。当日はビールサーバをご用意してお待ちしております。どうぞ、皆様、研究室の方々お誘い合わせのうえご気軽においでくださいませ。

ほりぐち
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 というメールや少し前のエントリ、それから口コミで色んな方に声をおかけして先週の金曜日に分子細菌学名物「たこ焼きパーティー」(そのままやがな)を開催した。

 分子細菌学のたこ焼きは出汁から取る。そして板長である私の研ぎ澄まされた感覚で生地を作る。レシピはない。ふっふっふ。私の頭の中にしかレシピはないのだ(テキトーなサジ加減という噂もあるが、,)。

IMG_0333.jpg

 「何人来てくれるかわからんからなー。どーしよー」
と言いながらの準備。

 結果は予想以上、,。用意していたメリケン粉も出汁の素もビールサーバも追加、、。特別ゲストの仲野先生はギックリ腰とかで出席されなかったが、会場のラボ部員室は色んな人が出たり入ったりで大入り状態、,

IMG_0334.JPG 
 
 こんな感じ。実はこのあとだいぶ酔っ払ったのでこれだけしか写真を撮ってない。
部屋のキャパと人の入れ替わりの感じから、60人くらいは来てくれたかなー、,。京都からわざわざ北所さんが来てくれたし、本研究室OBの真実ちゃんも、りんくうタウンの大学からの帰り遅くに立ち寄ってくれた。みなさん、ありがとうございます。

 年に何回かの研究室での大騒ぎ、,。色んな人に来てもらった方が楽しい、と言うので昔からやっているが、これを支えてくれるのはうちのラボのスタッフである。私がいくら言ったって、スタッフが厭がればこういう事はできることではない。ほんとにポジティブなスタッフたちに囲まれて私は幸せである。

* あ、そうそう。今回のパーティーから、大阪人の本当のソウルフードと言われるイカ焼きがラインナップに加わった。なかなか、上々の評判であった。今回、来られなかった皆様、次回をお楽しみに、,。




posted by Yas at 18:30| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]