2009年05月20日

知彼知己者、百戦不殆

 笑かしてくれるなぁ、高校生やら大学生やら。関西地域は今日も軒並み休校、休講。でも近郊のゲームセンターやカラオケボックスは長蛇の列、満杯らしい。感染蔓延を防ぐための対応もどこへやら、,,(ボウリングで有名なラウンドワンは、学生とおぼしき来客には入店を断ってるとか、、なかなかの見識かも、)

 この緊張感のなさ、,。ゆるさ。新型インフルエンザが強毒性でなくて良かった。

 一方で、やっぱり今日もニュース番組で映し出される、マスク,マスク、マスク姿で通勤する人たち。先日の*欄で書いた○○○さんは「無力ってことはないんじゃない?」というが、やっぱどう考えたってみんながみんなマスク着用をせねばならないほど、マスクが有効だとは思えない(特に屋外ではねぇ)。、、まぁつまり、皆さん真剣に新型インフルエンザを怖れているのだ。

 この過度な緊張は、どうよ?

 一方の緊張感のなさ、と、他方の過度な緊張。これは対極にあるようだけど、どちらも要するに今回の新型インフルエンザと呼ばれるモノの実態をあまり理解できていないことに原因があるんだと思う(学者がこう言うとイヤミに聞こえるかも、、でもそう思うのだ)。あることを過度に恐れるのはそのことについての知識がたりないからだ。もっと知識がないと、そのことについて無神経になる。
 
 過度に恐れず、でも感染症に適切に行動するには、目前の感染症のことを理解することが一番だ。そんな適切な情報を提供できるのは、マスコミしかないと思うんやけどなぁ。恐怖をあおるようなエキセントリックなマスコミ報道、なんとかならんか?

(と書いていたら、テレビで「冷静な対応を、、」という政府広報CMが流れていた。そうそう、、冷静な対応を、,,)


posted by Yas at 23:47| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]