2009年05月01日

Dreams Come True

 今週は散々だった。週初めにあるイヤな出来事があって、今週ずっと気分は最悪。そんな中、水曜日のお休みに娘と一緒にCDショップに行き、Dreams Come True の新譜を買ってきた。

 タイトルは「Do you Dreams Come True?」
 初回盤なのでコンサートのDVD付き。これが、かなりお得。リビングの5.1 ch で視聴すると最高だ。CDも、もちろんよろし。

 私は女性ヴォーカルが好きである。かなり好きである。日々、ストレスフルな生活を送るなか、優しい女性の声が聴きたい。、、、疲れてるのに、なんでオトコの歌声を聴かねばならんのか?みたいな感じで(いや、男性ヴォーカルも聴きますよ、聴きますけどね、、、)、ホントに女性ヴォーカルの曲をよく聴く。そのなかでもドリカムの吉田美和さんの圧倒的な歌唱力はいい。とってもすっきりする。

 英語学者(日本語学者か?)のマーク・ピーターセン先生(私はこの人の英語解説の著書が大好きである。そのことはいずれ紹介するかも、,,)は、彼が尊敬する、日本語・英語を縦横に駆使する日本人外交官(だったと思う)の人が、同じ日本人の最高ヴォーカル(とピーターセン先生が信じる)の吉田美和を知らないことに優越感を感じた、という。その気持ち、なぜだかよくわかる。まぁ、そんなことはどーでもいいが、,

 芸術家の岡本太郎さんがキャンバスにささぁ〜っと書いた一本線は、○○万円ほどの価値があるというが、、、吉田美和さんが目の前で「あ〜」っと発声してくれるだけで、きっと○○万円の価値があるのではないか、みたいな気持ちになる。それくらい心地よい歌声だ。

 おかげで気分の悪いのが、ずいぶん楽になった。これぞ 音・楽るんるん



posted by Yas at 23:53| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]