2009年01月25日

業績発表会2009

 先週金曜日は微研の業績発表会があった。今までに何度も書いているが、この会は微研のお祭りと言っていいと思う。年末の業績報告会と年始の業績発表会は微研の自己評価の機会としてとらえられている。報告会が分野長によるできあがった研究成果のレビューであるのに対し、発表会は若手による研究の発表で、これはポスドク以上の全スタッフによって採点(投票)される。その結果、獲得票数の1位(最優秀賞)1名と2位(優秀賞)2名が表彰される、と言う仕組みだ。ここのところ発表される研究成果の内容が毎年毎年充実しており、研究レベルのインフレ状態が続いている。それに、朝から夕方遅くまでずっと続く発表を聴き続けるという、根気とスタミナが聴く側にも要求される、キツい会である。毎年、それなりの発表を準備するべく考えねばならない分野長にとってもキツい。

IMG_0197.JPG 今年の最優秀賞はこのひと、、高倉研の木戸屋さん。受賞盾を手に喜びのポーズ、、。ウチのラボの成果は、、、まだまだまだまだ、、、。毎年それなりのネタを用意するには、それなりのラボの規模が必要な気もするんだけど、、、。うちはQuantity も Quality もまだまだ、、精進が必要です、。

 発表会とそれに続く懇親会が終わったあと、ラボでちょっとだけゆっくり飲みたいな、、と、岡田雅人先生と、それから木戸屋さんプラス高倉研のヒトタチと、トッシーとでゆっくり反省会をしながら飲んだ。なんか、去年も岡田先生と飲んだような、、、。
 あれから一年ですか、、来年は発表会、乗り切れるかねぇ、、、。

 発表するデューティーを負わず、ただ聴くだけならとっても面白い会なんだけどねぇ、、。


posted by Yas at 21:40| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]