2008年10月12日

伊丹から草津まで

 いま、とっても仕事がたまっている。 ということとは関係なく、今日は自宅の兵庫県伊丹から家内の実家のある滋賀県草津まで、自転車で行くことにした。この自転車行は3度目。これまで2度は西国街道を伊丹から山崎まで抜けて、桂川・宇治川を渡って山科から逢阪山を越えて大津に入る、というコースだったが、今回は淀から宇治へ抜け、宇治川を遡って琵琶湖瀬田川に出るという作戦をとった。

こんな感じ。


大きな地図で見る
 約 80km の長い道のり。迷子にならないためには用意が必要である。それにはこれ。

IMG_0110.JPG Mio DigiWalker という。この春に、研究室を出たマミちゃんが、記念にと私にプレゼントしてくれたものだ。これはP350という製品。PDA(電子手帳みたいなもん)にGPS機能がついている。カーナビのように道案内もしてくれる。だがせっかくの自転車、一方通行であろうと細い路地であろうとどこでも行けるのにナビどおりに走るのは面白くない。実はこの機械、普通のナビ以外に、あらかじめ目的地を設定しておけば現在地から目的地への方角を直線で示してくれるという機能がある。その機能を使えば、どこであろうとどんな道を走っていようと、迷子になることはない。以前、三島から山中湖まで自転車で走った時も威力を発揮してくれた。

 とはいえ、伊丹から大山崎までは慣れた西国街道一直線である。まず迷うことはない。10〜15 km/h くらいのゆっくりとしたスピードで走る。途中、高槻にある継体天皇陵を見物して山崎を通過したのは出発して3時間が過ぎた頃、、。

IMG_0105.JPG  写真1。ここで休憩。測道に自転車をダラ〜っと置いて、お茶にした。気持ちいいぞ〜。

 そこから P350 を駆使しながら、宇治までの道のりを農道やら見知らぬ集落のなかやらを走り抜ける。全く知らない風景の中を行くのは面白い。集落を抜けて知らない道を往き、また次の集落に入る。まるでロールプレイングゲームで旅をする主人公のよう。

 宇治は平等院(10円玉ね)で有名だ。小学生の時の遠足を含めて何度か来たことはあるのだが、久しぶりにやってくると昔とは比べ物にならないくらい観光地化していた。観光客で一杯。人が多いとトラブルの元だ。そそくさと走り抜けて宇治川沿いの府道3号線を走る。天ケ瀬ダムを通り過ぎたところで、ソフトバイクに乗ったおっちゃんに話しかけられた。「高そうな自転車に乗って、どこまで行くん?」
「この川沿いを走り抜けて、琵琶湖まで行きます」
「ヘェっ!?、この道、琵琶湖まで続いてんのかいな?」
 そう、続いているのだ。宇治川は途中から瀬田川と名前を変えて、有名な瀬田の唐橋をくぐって琵琶湖へと続いている。

 天ケ瀬ダムを抜けて少し行くと、交通量が減って走りやすくなる。快調に機嫌良く走っていて、ふと気づくと昼飯どきをずいぶん過ぎている。自転車で走っていてお腹が空くと、「ハンガーノック」という怖い状況になる。腹が減って進めなくなるのだ。自転車が進まないので食事場所を見つけることができない。でも進まないと食事はできない。という蟻地獄のような状態である。何度か経験したことがあるが、これはつらい。で、3号線沿いでドライブインやら喫茶店やらを探しながら走るが、これがまったくない。アセって走っていると、ふと、民家とも廃屋(失礼)ともつかない建物が目の端に映った。通り過ぎかけたのだが、「ソバ定食、うどん定食」とか書かれた立て看板が出ているのを発見して、急停車。ここで昼食をとることにした。これが大正解だった。

IMG_0108.JPG ね。なんか不思議な佇まいでしょ。この店の名は「宇治川ライン かんばやし」
 よく見ると、「古美術」の看板もあって、なんか古いんだか汚れているんだか、よくわからないモノがたくさん陳列してあったりする。店内には常連客(だと思う)が一組、それ以外には私だけだ。


IMG_0106.JPG 敷地内には屋外のテーブルもある。これがまた田舎家の庭のようで、とても懐かしい感じがして落ち着く。






IMG_0107.JPG 奥行きのある店の裏側からは、水が流れる音がする。それと、時折通り過ぎる車の音。それ以外はなぁ〜んにもない、そんな静かな空間でいただいた「ソバ定食」は、ゆずの香りがして上品。定食のおかずが揚げ物なんかではなく、真面目な煮物だったのも嬉しい。思わず食後のコーヒーも頼んで、結局小一時間ほど居てしまった。レストランや喫茶が提供する雰囲気や空間がメニュー価格に含まれるとするのなら、間違いなく超お得なお店である。この店を見つけただけでも、今回の自転車行は意義があった。

 店を出て一路、琵琶湖に向けて走り出す。が、今回は琵琶湖までは行かない。手前の南郷で右折して山側から草津にたどる作戦をとった。これも正解だった。滋賀県は奥が深い。都会と云っていい草津市から数km の場所なのに、昼なお暗いような鬱蒼とした林がある。人っ子一人居ない、その中を自転車で走って集落に出くわすと、今度は「八ツ墓村」に登場しそうな立派な旧家があったりする。

 そんな風景を抜け、滋賀医大の前を抜けて一気に坂を下ると旧東海道だ。その東海道と中山道の分岐点の宿場だったのが草津である。伊丹から草津まで、休憩をたっぷりとっても6時間と少し。色んな風景に出会えてとっても楽しかった。自転車は楽しいぞ〜。中性脂肪値も下がるし高血圧もなくなるし、、。みなさんも、どう?




posted by Yas at 22:10| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]