2008年09月14日

武田尾〜名塩・福知山廃線

 今日、明日と娘は作業所の親睦旅行でいない。そこで今日は犬を連れてハイキングをすることにした。一種の下見である。様子を見てよければ次は娘を連れてくるつもりだ。

 行く先は、福知山線廃線あとのハイキングコース。尼崎から福知山に至る福知山線は1986年に宝塚以遠が複線化された。そのときに宝塚〜道場間の路線は完全に付けかえられて、残された廃線あとはハイキングコースになった、というか口コミでたくさんのハイカーが訪れていつのまにやらそんな感じになった。いまでも名塩/生瀬側の廃線への入り口にはJR西日本が掲げた「ここはハイキングコースではありません。立ち入って何か事故が起こっても個人の責任に帰します」みたいな立て札が立っている。

 今回は西宮名塩で車を駐めて電車で武田尾まで行き、そこから下流に向けて歩いて名塩にもどる、という計画だ。
こんなかんじ。

武田尾駅からしばらくはよく整備されていて歩きやすい。が、1時間ほど歩くとそこが廃線あとであることを思い知らされたりする。

PICT0096.jpg

PICT0098.JPG 歩き進むと、いくつもこんな風景に出くわす。トンネルの中には照明なんかない。、、なんかインディ・ジョーンズみたいでしょ。たいした柵もない崖からのぞむ武庫川渓谷の眺めもなかなかのもの、、。今日の予定のコース(武田尾駅から西宮名塩駅まで)をたどるのに約3時間。なかなか良かった。


 次は紅葉の季節、、娘を連れてやってくるか、、。箕面もいいけど、このコースの紅葉も素晴らしいようだ。

posted by Yas at 22:25| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]