2008年08月27日

夏休み1

 昨日の午後からお休みをいただいている。んで、昨年の夏と同じ「宮津ロイヤルホテル」に一泊旅行に出ている。とりたてて「宮津ロイヤルホテル」が気に入ったわけではない。それまで忙しくて、「おイヌ様同伴OK」の適当な別の宿を見つけられなかったのだ。んで、昨年泊まって不満なく過ごせたこのホテルを予約した。

 ただし時期も時期なので海水浴はできん。夏は海!が信条の私としては口惜しいが仕方ない。クラゲに刺されまくるのもイヤだ。だが、海には行くだけ行った。今回は、私のお気に入りの小浜海岸ではなく、ホテルの近くにある越浜海岸。ここがまた砂浜がきれいで良かった。

IMG_0053.JPG
誰も〜♬ いない海ぃ〜♪ に独り立つわが娘。
 娘はどうやら "水" が好きなようだ。昨年は滝の下にいつまでも居たし、今回は誰もいない海辺に1時間以上いた。昼過ぎになってお腹が空いたので引き揚げたが、こんなことならいっそのこと昼食と折り畳みいすを用意して、じっくり腰を据えれば良かったかな、、とか思った。

 そうそう、このとき実はのっぴきならない事が舞い込んで、研究室のカミちゃんや知り合いの外国人研究者に連絡をせねばならなくなった。んで、iPhone で無事両者にメールで連絡することができた。人のいない盆過ぎの海水浴場から(PDFファイル添付の)メールを出すことができる、というのは iPhone のめっちゃ醍醐味かもしれん。

 そのあと、酒呑童子で有名な大江山の麓にある二瀬川渓流を犬連れで散策する。この散策路の一部には旧宮津街道が含まれている。鬱蒼とした森の中に旧街道はある。源頼光が退治した酒呑童子の正体は、鬼では(もちろん)なくて、この地域の山賊だったといわれている。実はこの街道沿いには源頼光の時代よりもずっと以前にも麻呂子親王による鬼退治の伝説が残っている。とすると、この界隈は大昔から山賊出現の本場だったのかもしれん、と思わせるくらい寂しい街道であった。

 福知山から高速を抜けて、帰宅したのは午後5時過ぎ。

「ゆっくり」はできたな、、たぶん。
 
posted by Yas at 21:15| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]