2019年04月02日

新年度

 新年度になった。それから新元号「令和」が発表された。

 無論、当研究室も新年度を迎える。新たな1年を迎えるに当たって心機一転いよいよ研究に邁進しようと心を新たにしたところである。というのはウソで、附置研の研究室などは4月になってもほとんど何も変わることはない。ただ、メンバーは替わる。この春、任期満了を迎えたポスドクのシノダさんと、修士課程を無事修了して就職するオノダくんが当研究室を去り、替わって新たにポスドクとしてニシダくんがやってきた。そのほかに、いまのところ留学生1名と修士課程の学生さん1名が当研究室に参加する予定である。

IMG_3200.jpg そのシノダさんとオノダくんが記念品として研究室に贈ってくれたのがこれ。何と呼べばいいのか知らないけれど、前面がガラス張りで奥行き幅のある額縁のようなものである。ここにワインのコルク栓を入れてディスプレイとして楽しむ、というものだ。研究室などでは、論文の雑誌掲載が決まるとワインやシャンパンで乾杯し、そのコルク栓を並べておくという風習のあるところがある。物の収集癖のない私には無縁な風習だと思っていたが、さしたる理由のないまま数年前からなぜかそのようなことが定着してしまった。あまり関心もなかったが、一度並べてしまうと捨てるのは惜しくなる。ということで適当な容器に入れていたのだが、それを見かねて彼らが見栄えのいい容れ物を記念品として残してくれたということのようだ。

 せっかくいただいたので、定年退職までにこれをコルク栓で一杯にしたいなと思っている。あと6年、。ちょっと無理かな、、。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく



 

 
posted by Yas at 13:05| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする