2017年06月19日

丹波篠山 ー往きはよいよい帰りは怖いー

 このブログ、最近はすっかり自転車ブログの様相を呈してきたが、、また自転車行の報告をする。

 昨日、自転車トレーニングの距離を稼げないことに業を煮やして、無理矢理に目的地を設定して100 km 弱のコース設定で走ってみた。その目的地は丹波篠山、、篠山城下である。朝8時前に家を出発し、昼まえに篠山市内に到着、名物の「麦とろ」か「蕎麦」をいただいて帰ってくる、という計画である。


 往路途中でログを取り損ねたので中途半端なルート表示になってしまったけれど、往路と復路でほぼ同じコースを取ったので、どこをどう走ったのかはわかっていただけると思う。復路の距離から大雑把に計算すると大体 95 km を走ったようだ。県道12号線を北上し、西峠を越えて後川(「しつかわ」と読む)から、さらに篠山への峠(不勉強で名前を知らない)を越えて篠山に入る。すると、

 IMG_2802.jpg こんな風景の広がるご機嫌なコースが篠山市内まで続く。サイクリングの醍醐味といっていい。機嫌よく篠山城下の旧街路を抜けて、適当に良さげな蕎麦屋で蕎麦会席をいただく。ここまではご機嫌だった。「どちらから自転車でいらっしゃったんですか?」と店員さんに聞かれたのだが、
「伊丹からですけど、、どうやって帰ろかと思てます」
 そう応えたのは本心からだ。

IMG_2801.jpg 実は、大阪と篠山を結ぶ県道12号線の二つの峠は、大阪側からよりも篠山側からの方が登りが長くてキツい。大阪側から見ると、まさに「往きはよいよい帰りは怖い」だ。案の定、帰路は二つの峠を越えるまで、何度も何度も休憩する羽目になった。大阪側に出た頃には、自分のトレーニング不足を嘆きながらも、疲労困憊で事故に遭わないように安全に走るのに精一杯でサイクリングを楽しむどころではなかった。

 んで今朝。菊谷先生と会ってその話をすると、「後川から籠坊温泉を抜けて峠を避けるコースがあるよ」と教えてくださった。そうかー。自転車ブログで大阪から篠山に行く話がたくさんネットにアップされているのに、篠山から大阪への帰路で峠までに全くサイクリストに遭遇しなかったのはそういう事なんだー、と勝手に納得した。

 ということで、もう一度、近いうちに篠山へのコースを挑戦してみようと思っている。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 22:24| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

ガチャピンが来た

 6年前に大学院修士を出たガチャピンがラボを訪ねてきてくれた。

 ガチャピンとは、もちろん本名ではない(当たり前ですけど)。ハシモトマキコという歴とした名前があるのだが、博士前期課程(修士課程)に入学しラボに参加してきた彼女が、「ガチャピンが好きなんです」とばかりガチャピングッズで身を固めていたためにあっさり「ガチャピン」というあだ名が付いた。それ以来、たぶん私は彼女をガチャピンと呼び、ハシモトとも、マキコさんとも呼んだことはない。

 ガチャピンは笑いの閾値が低くてなんでも笑ってくれるのでよいが、「笑かし」のテクニックを磨く(何のために?)相手としては向いていない、というまぁ、とにかくいつも陽気な学生だった。彼女の地元である徳島にある化学系のメーカーで、バイオ系の研究をするというので就職したがバイオ部門はすぐに閉鎖されたために今は純然たる化学系の仕事をしているらしい。しかし、そのことを気に病んでいる様子はない。久しぶりのわがラボで見かけたオートクレーブテープ(生物系の実験でしか使わない消耗品)を見て、「なつかしいですわー」とケラケラと笑う。その化学系の仕事に関わる学会が、すぐ近くの関西大学で開催されるというので立ち寄ってくれたらしい。

IMG_2798.jpg 学会の開始時間にはまだ少し間があるというので、一緒に昼食に出た。時々、本ブログを覗いてくれているようで、私の近況もよく知ってくれている。

 パスタを楽しみながらの話は徳島での生活のことにおよんだ。そうだ、徳島に帰ったら「いさみ寿司」というところに行ってみてよ。いさみ寿司の若主人はオレの行きつけやった福島/奴寿司で板前をやっていたのでよく知ってるんや。名前はね、「スズエユースケ」やったかな、、、。と言うと、「『スズエユースケ』という幼稚園の同級生がいました」とガチャピンが言う。スズエくんはFacebookの友達だ。生年月日を調べてみたら、まさしくガチャピンと同い年だった。
 へぇそりゃ、もしかするともしかするかもね。じゃ「いさみ寿司」には必ず行って、知り合いだったかどうかわかったら、また知らせに来てね。北千里駅まで送りながらそう言うと、ガチャピンはまたケラケラと笑いながらクルマを降りた。

 じゃぁガチャピン、今度は「いさみ寿司」で会おう。その時はよろしくね。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


 
posted by Yas at 18:49| Comment(0) | 科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

甲山から岡本曾呂利

 昨日、神戸方面に自転車を走らせた。

 以前にお医者さんに指摘された体調維持の問題もあるし、東海道走破に向けたトレーニングもあるし、ということで機会のあるごとに自転車で走ろうと最近は心がけている。それでこのコース。


 これだと仁川から高台の住宅地を越えて、山側から甲山森林公園に入る。ここまでの登り坂はそれなりに険しく、私にとっては鬼門だが自分の登坂能力を確認するために、あえてこのコースを選んでみたら、あら不思議、割とあっさりと最上部までたどり着くことができた(息は上がりましたけど)。

IMG_2795 (1).jpg 公園から神呪寺を抜けて、真っ直ぐに住宅地のなかを下ると、突然大阪湾を望む光景に出くわす。こんな景色のよいところに住んでいる人がうらやましい(それはそれで不便かも知れんけど)。坂を下りきると夙川である。ここまで来ると早くも目的がなくなってしまって、まだ10 kmほどしか走っていないのに途方に暮れた。仕方がないのでもう少し足を伸ばして、先日も行った岡本にある「せいろそば曾呂利」で昼食をとることにした。一応目的ができると、自転車で走る気が起こるのである。しかし1時間も走らないうちに到着。おそばを食べちゃったらまた目的を失って走る意欲がなくなった。海岸まで降りて海辺沿いに埋め立て地を巡るか、とも思ったがこの時にはすっかりやる気がなくなって真っ直ぐ自宅に戻ることにした。

 ということで、午前中に意気込んでスタートした割には 40 km にも満たない走行距離で、あまりトレーニングにもならん自転車行であった。どうやら私は明確な目的地がないと走る意欲を失うようだ。普段の生活は割合と行き当たりばったりなのにもかかわらず、行き当たりばったりでポタリングを楽しむというのは性分に合わないらしい(と今ごろ気がついた)。今度は、40 km くらい先に目的地を設定して、往復で80-90 km くらい走ることのできるコースを考えて走ることにする。

、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく


posted by Yas at 19:58| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

マスダゴロウはどこにいる?

 少し前のこと、。 キタのお初天神界隈で小学校時代の友人3人と飲んだ。クラス同窓会を企画するための集まり(飲み会)である。メンバーはミネくん、ウーさん、ミヤギくんだ。昨年の末にミネくんが同窓会の開催を持ち出したので、それに協力しようと他の面々が集まった。しかし何のことはない、45年前のクラス名簿の確認と大体の開催期日を決めてしまうと、あとは決めることもないのでただダラダラと飲むだけになった。そこで、当時のクラスメートのマスダゴロウの話になった。マスダゴロウはいわゆる越境通学組だった。

 私たちが小学生だった1970年前後は、学区外からの越境通学が盛んだった。子供の頃のことなので、その規模や経緯はよく知らないが「しない、させない、越境入学」とかいう標語が出回るほどだったので、きっと社会問題になっていたのだろう。この日集まったメンバーにしても、ウーさん以外は私も含めて越境通学組だ。私などは隣の小学校の学区からの越境だったので可愛いものだが、ミネくんやミヤギくんは違う行政区から通学していた。小学生の感覚では「途方もなく遠いところから来ているな」という感じだった。

 そんな越境通学組のなかでも、マスダゴロウは(確か)東大阪市から通うというツワモノ中のツワモノだった。私の記憶の中の彼は男前で温厚でクラスメートに絶大な人気があったのだが、遠いところから来ていた彼のこと、卒業後は全く消息がわからなくなった。ここ20年ほどで小学生の同窓会のようなものが何度も開催されるようになって、その度にみんなマスダゴロウを懐かしむのだが、今も彼の行方はようとして知れない。小/中学の私たちの同窓会専任で、行方不明の同窓生を探し出す役目を担っているナガイ調査員(古書店経営)の調査網にも引っかかってこない。

 今度の同窓会でマスダゴロウと会えたらいいねぇ、会いたいねぇ。この日の飲み会ではそんなことが何度か話題になった。マスダゴロウはどこにいる? どなたか、1959年度(昭和34年度)生まれのマスダゴロウという人を知っていたら,ぜひお知らせくださいな。


、、人気ブログランキング参加中です、、
人気ブログランキングへ
応援のクリックをよろしく

 
posted by Yas at 19:27| Comment(0) | 非科学的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする